目の下のぴくぴく痙攣が続く原因と治し方は?けいれんを止める方法!

Sponsored Link


目を酷使したり、寝不足だったりするとよく起こる「目の下ぴくぴく痙攣」現象。
この「目の下けいれん」になったことがある人は結構いるんじゃないでしょうか?

これって、割とうっとおしい症状ですよね。
目の下のぴくぴく痙攣が続く原因は?治し方、けいれんを止める方法を調べてみました。

 

目の下ぴくぴく痙攣の原因と種類

目の下ぴくぴく痙攣の原因と種類

「目の下ぴくぴく」の種類によっては、病院でちゃんと診てもらった方がいい場合があります。
どの程度なら、心配ないのかも気になりますね。

眼瞼(がんけん)ミオキミア
「目の下ぴくぴく痙攣」で一番多いのがこれです。
眼輪筋が無意識に痙攣し、ぴくぴくするというもの。

通常は片目だけに起こります。
眼精疲労、寝不足、ストレスが原因ですので、目を休めるとおさまっていきます。

それほど心配する事はありません。

 
眼瞼痙攣(がんけんけいれん)
まぶたを閉じる筋肉がコントロールできなくなり、まぶたを開けなくなる・・・
こっちは「病気」です。

初期症状が「まぶたの周りがぴくぴくする」「眩しく感じる」「目が乾く」などあり、ドライアイと間違われることもあります。

左右の症状はスピードの差がある場合がありますが、両目に起こる病気です。
症状の進行は早くはありませんが、ひどくなると視力はあっても失明状態になってしまうこともあります。

軽度の場合は、ストレスや疲労など精神的要因の可能性もあるので、数か月経過をみながら自然治癒を待ちます。

こちらは病院で診てもらいながら経過観察をおススメします。

「大脳の一部の機能障害」「他の病気の治療薬」が原因ともいわれていますが、実ははっきりわかっていません。

 
「眼瞼ミオキミア」と「眼瞼痙攣」2つの症状の違いは、けいれんが片目だけに起こるか、両目にも起こるかでも判断材料になります。

とはいえ眼瞼痙攣の場合でも、軽度の場合はそれほど重大でもなく、ストレスなどが原因の場合もあります。

最近、眼精疲労を起こすようなことをした、疲労している、ストレスが溜まっているなど心当たりがある場合は、その可能性が高いです。
まずは、次に紹介する改善方法から試してみるといいですよ。

やってみても改善が見られなかったら、診察してもらいましょう。

Sponsored Link


 

目の下のぴくぴく痙攣の治し方

目の下のぴくぴく痙攣の治し方

目の下のぴくぴく痙攣は、疲労が原因という場合が多いです。
疲労で血流が悪くなっている状態です。

目の周りの筋肉(眼輪筋)や、首の周りの血流が悪く、筋肉が凝っているなどが考えられます。
そこで、こんな方法で改善を試みてみましょう。

蒸しタオル・シャワーであたためる
お風呂に入りながら、熱めのお湯で濡らし、絞ったタオルを目に当てる。
お風呂に入らなくて、電子レンジで蒸しタオルを作ってもどちらでもいいです。
じんわりとゆっくり温めることが大切。

シャワーを長めに目の周りに当ててみるのもいいですよ。
お風呂やシャワーの場合は、同時に首も温めることができるので血流の改善的におススメです。

 
眼輪筋ストレッチ・首のストレッチ
よく温めたら、ほぐれやすくなっているうちにストレッチをして筋肉を緩めましょう。

眼輪筋を鍛えるストレッチですが、「石川眼科医院」の先生が詳しく解説しながらストレッチの方法を教えてくれます。

画面を見ながら一緒に進められるのでやりやすいですよ!指一本そえるだけ!
でも、結構強く目尻を上げたりするのでシワができないか不安になりますが……。

眼輪筋を鍛えると目の開きが大きくなり、弛んだまぶたも上がり若々しい目元も作れるのでこのストレッチは美容的にもいいかも?

どこでもでき、その場で首の硬さがぐにゃぐにゃに?!

首がガチガチだったので、その場でやってみました!

1回10秒ほどしかやっていないので、ぐにゃぐにゃまでにはいきませんでしたが、ガチガチが柔らかくなりましたよ!
首も回りやすい!

これならパソコン作業の合間に手軽にできますね。

私の個人的な経験ですが、首をグルグル回すだけでも、目の下のピクピク痙攣が治まります。
首の血流はかなり重要なのでしょう。

 

テレビ・スマホ・パソコンの影響

ついつい、疲れているのにテレビを長く見たり、スマホやパソコンを遅くまで触っていたりの人、多いんじゃないでしょうか?

当然、目には悪いですよね。

これは、もはや現代病と言っても過言じゃありませんよね。
この時間を減らすだけでもかなり違いますよ。

「目の下がぴくぴく」するほどの症状は、体の「休めサイン」だと思って、思い切ってしっかり休みましょう。

慢性化させないように適度な凝りほぐしと、十分な休養が早く「目の下ぴくぴく」を改善する鍵ですよー!
 

Sponsored Link



おすすめ記事
  • 2017 04.14

関連記事

TSUNEBOプロフィール



あくなき探求心を持つ好奇心の塊。オス。
アンテナを日々巡らし暮らしてます。

世界に誇れるニッポンの素晴らしい人物・技術・場所・グルメ・モノなどを中心に紹介しています。

まったく関係ありませんが、最近、抜け毛に悩んでます。あとポッコリお腹も少々・・・
お問合せはコチラ

おすすめ記事