ディーンフジオカの本名は?元ジュノンボーイ?学校と嫁や家族も!

Sponsored Link


DEAN FUJIOKA(ディーン・フジオカ)は、ハーフではありません。日本の俳優さんです。
日本で育ち、現在は世界各国で活躍しています。

そんな、DEAN FUJIOKA(ディーン・フジオカ)さんの本名、学校と嫁・妻や家族、子供、ギャラ収入、元ジュノンボーイの噂、出演作を調べました。

 

DEAN FUJIOKA(ディーン・フジオカ)のプロフィール

ディーンフジオカ DEAN FUJIOKA 本名

DEAN FUJIOKA(ディーン・フジオカ)
本名:藤岡竜雄
1980年08月19日生まれ 福島県出身
千葉の県立船橋高等学校卒業後アメリカ、シアトルのコミュニティカレッジへ留学
大学(コミカレ)卒業後香港へ渡りモデルとして活躍
2005年に、映画「八月の物語」の主演に抜擢され俳優デビュー
身長:180cm 血液型:A型

 
ディーン・フジオカさんの両親は、お父さんが中国山西省生まれの日本人、お母さんも福島県出身の日本人です。
以前、中国と日本のハーフと言われていましたが、生粋の日本人になりますね。

高校までは日本で生活していて、そのあと海外へ行っていますので日本語以外にも、英語・中国語・バハサインドネシア語など語学が堪能です。

俳優、金城武さんの同じ雰囲気がプンプンしますね。

台湾に拠点を移した後は、ドラマ、映画、TVCF等に出演して、いわゆるアジア中華圏のエンターテイメントで活躍しています。

また、インドネシアでは、自ら作詞・作曲・プロデュースを手がける音楽活動もしています。
ギター、ピアノ、ラップ、ボイパと多彩なプレイヤーです。

Sponsored Link




 

DEAN FUJIOKA(ディーン・フジオカ)は、ジュノンボーイ?

ディーンフジオカDEAN FUJIOKA 元ジュノンボーイ

ディーン・フジオカさんは、17歳の時に本名である「藤岡竜雄」の名前で第10回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストに出場しています。
その時は、グランプリは取れませんでしたが、ファイナリストまで残っています。

ちなみに、その時の演技はディープ・パープルの「Burn」のギター演奏でした。
こののち、日本での活動は一切せずに海外へ留学していますから、この頃から、ディーン・フジオカさんは海外志向だったと思われます。

ジュノンボーイのファイナリストですから、当然芸能界からのお声がかかったハズですが、それでも海外へ出た勇気と行動力は素晴らしいと思います。
その結果、今の活躍があると言っても過言じゃないでしょう。
もし、あのまま日本で活動していても、今ほどになったかは定かではありませんから。

しかし、ディーン・フジオカさんいわく「海外へ出たのは花粉症が酷かったから」
極度の花粉症で、とにかく花粉のない所へ行きたかったとか・・・
ソレ、あまり言わないほうが良いかもしれません(笑)

ちなみに、この時のジュノンボーイグランプリに輝いたのが、稲葉俊明さん。
すみません、この人の事は良く知りません・・・

留学の理由も好きなバンド「ニルヴァーナ」の影響でした。
もともとは音楽がやりたかったようです。

シアトルのコミュニティカレッジを卒業後、アジア各国を旅する中で、香港でファッション誌の編集者に声をかけられモデルデビューしました。

やっぱり、ジュノンボーイファイナリストになるくらいの人ですから、海外でも声をかけられちゃうワケですね。
見る人が見ればわかっちゃうのでしょう。そのスター性が。
たいしたものです。

Sponsored Link


 

DEAN FUJIOKA(ディーン・フジオカ)さんの家族、妻、子供

ディーンフジオカDEAN FUJIOKA 嫁・妻や家族も!
ディーン・フジオカさんは4人兄妹のようですが、その中のひとりが芸能人です。

元チェキッ娘メンバーの藤岡麻美さんが妹さんです。

藤岡麻美さんは現在、シンガーソングライターとして活躍していますね。

 
そして残念なコトに?ディーン・フジオカさんは結婚しています。
2012年7月にバリで、ヴァニーナさんという女性と結婚しました。
2歳上の姉さん女房です。

ヴァニーナさんは、オーストラリアで育った中華系インドネシア人だそうです。
やはり国際的ですね。

4年半付き合ってからのゴールインだそうです。
 
現在、ディーン・フジオカさんはジャカルタで暮らしています。
しかし、仕事があればどこでも行く。というスタイルなので単身赴任が多いそうですよ。

日本のディーン・フジオカファンとしては、やはり日本に住んでもらいたいのではないでしょうか。
ギャラも圧倒的にアジア圏よりも日本の方が良いハズですしね(笑)

ディーンフジオカさん本人も、今後のビジョンは、

「絶対にブレないようにしたいのは、家族と一緒に過ごせる環境をつくること。
こだわらなきゃいけないのは、家族のつながりを固く維持することです」

と言っていますから、日本での仕事の量しだいでは、日本に移住もアリですね。

 
※追記
2016年現在、ディーン・フジオカさんには子供さんがいらっしゃいます。
双子の1歳の息子さんと娘さんです。

第3子も、生まれる予定です。

ディーンフジオカの妻と子供

ディーン・フジオカさんは日本と中国のハーフ、奥さんのヴァニーナさんが中華系インドネシア人ですから、子供さんはかなりのインターナショナル!

ディーン・フジオカさんの子供達の将来も楽しみですね。

余談ですが、ディーン・フジオカさんは「グルテンアレルギー」です。
要するに「小麦粉」がダメな人です。
これって結構たいへんですよね。奥様も苦労しそうです(笑)

Sponsored Link




 

DEAN FUJIOKA(ディーン・フジオカ)さんの作品と今後

ディーン・フジオカさんは、圧倒的にアジア圏での活躍が多かったのですが、最近日本でも活動するようになりました。

日本でも映画「I am Ichihashi 〜逮捕されるまで〜」(2013年) – 監督・主演
「シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸」(2014年)
に出演しました。

しかも、今度は日本のみならず、ついに全米ドラマ「THE PINKERTONS」にも出演しましたから、これからハリウッドクラスの映画にも出るようになるでしょう。
(「THE PINKERTONS」の邦題は「荒野のピンカートン探偵社」)

DEAN FUJIOKAディーンフジオカ

ディーン・フジオカさんの役どころは、謎に包まれた日本人。
西部劇なのに、ディーン・フジオカさんは刀を武器にしています。
どうも日本人はそのイメージが強いようです(笑)

ただ、このアメリカのテレビドラマからブレイクしたビッグスターは数知れません。
ディーン・フジオカさんは大チャンスを掴みましたね。
日本での活躍も期待したいです。

「荒野のピンカートン探偵社」はU-NEXTWOWOWなどの動画サイトで見る事が出来ます。

 

ディーン・フジオカの日本の全出演作とギャラ収入

あらためてディーン・フジオカさんの日本での出演作をすべて紹介しましょう。

■ CM三菱・コルトプラス(2007年)
■ 「I am Ichihashi 〜逮捕されるまで〜」(2013年) – 監督・主演
■ 「My Dimension」(2013年 ITunes限定配信)
■ 「シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸」(2014年)
■ ドラマ「探偵の探偵」桐嶋颯太役 日本初連ドラ
■ 朝ドラ「あさが来た」五代友厚役
映画「NINJA THE MONSTER」主演・伝蔵役- 主演・伝蔵
■ ドラマ「ダメな私に恋してください」- 黒沢歩役
■ CM「マルトモ・プレ節25ミクロンソフトけずり」
■ CMダスキン「家事シェルジュ」
■ CMアサヒ飲料「ウィルキンソン タンサン」
■ 「CYCLE」 – ファースト・アルバム
ドラマ「喧騒の街、静かな海」
■ ドラマ「はぴまり~Happy Marriage!?~」
■ ドラマ「精霊の守り人」第2シリーズ – イーハン役
■ アニメ「ユーリ!!! on ICE」テーマ曲『History Maker』

■ ドラマ「IQ246〜華麗なる事件簿〜」 – 賢正役
■ ドラマ「精霊の守り人II 悲しき破壊神」 – イーハン 役
■ ドラマ「今からあなたを脅迫します」 -千川完二 役
■ ドラマ「トットちゃん! 」第38話- 河毛博 役
■ ドラマ「モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-」

 
日本で完全にブレイクしましたね。
個人的な意見ですが、ディーン・フジオカさんは仕事を選んでいません。
イメージ作りとかそのあたりを気にせず、仕事をこなしていくさまは好感が持てます。普通ならカツオ節やダスキンのCMには出ません(笑)

ちなみにディーン・フジオカさんの2016年度CMのギャラですが、一本2000万円です!
「あさが来た」出演前は、なんと「価格無し」つまり言い値だったそうですから、ブレイクのデカさがうかがい知れます。

なお、この2000万円はあくまでの事務所への出演交渉料であって、ディーン・フジオカさんに直接入るギャラ収入ではありません。

 
所属事務所はアミューズなのは意外なのですが、なんとアミューズは2015年にインドネシアのジャカルタに駐在員事務所を設立しています。

これ完全にディーン・フジオカさんのためですよね。きっと。
アミューズのディーン・フジオカさんへの期待のあらわれでもあります。

ディーン・フジオカさんはミュージシャンでもありますから、同じ所属事務所の福山雅治さんとセッションなんかした日には、悶絶するファンが続出するでしょう。

どちらにせよ今後、アミューズの人気タレントとのコラボはあるはずですよ。

 

ディーン・フジオカを無料で視聴できる出演作品

ディーン・フジオカ 無料視聴作品

現在、ディーン・フジオカが出演している作品無料視聴できるのは、次の作品です。

・ 2006年 スクール・ロワイヤル※
・ 2007年 サマーズ・テイル※
・ 2012年 バーバー・クライシス※
・ 2013年 王子様をオトせ!※
・ 2014年 シャンティデイズ
・ 2015年 NINJA THE MONSTER
・ 2016年 ダメな私に恋してください
・ 2017年 今からあなたを脅迫します
・ 2017年 精霊の守り人Ⅱ
・ 2017年 結婚

※印の作品は、日本での放送ではなく、台湾で放送された作品です。
特に「スクール・ロワイヤル」の20代の若きディーンフジオカは必見ですよ。

これらの作品は、U-NEXTの31日間無料体験 で視聴できます。
期間内に解約すれば、お金は一切かかりませんよ。

これからのさらなる活躍に期待しましょう。
がんばれ!ディーン・フジオカ!!

 

Sponsored Link



おすすめ記事
  • 2014 11.10

関連記事

TSUNEBOプロフィール



あくなき探求心を持つ好奇心の塊。オス。
アンテナを日々巡らし暮らしてます。

世界に誇れるニッポンの素晴らしい人物・技術・場所・グルメ・モノなどを中心に紹介しています。

まったく関係ありませんが、最近、抜け毛に悩んでます。あとポッコリお腹も少々・・・
お問合せはコチラ

おすすめ記事