横山武史騎手のプロフィールと実力は?身長や家族と動画も紹介!

Sponsored Link


横山武史騎手は、あの名手横山典弘騎手の息子です。
すでにデビュー戦で親子対決もしていますね。

この横山武史騎手のプロフィールと実力、身長や家族と動画も紹介します。

 

横山武史プロフィール

横山武史プロフィール

横山武史(よこやま たけし)
1998年12月22日生まれ(18歳)
身長:161.2cm 体重:46.2kg
血液型:A型
出身:茨城県美浦村
所属:鈴木伸尋厩舎(美浦)

横山武史騎手は、美浦トレーニングセンター所属で平成29年2月7日(火)にJRA競馬学校騎手課程を卒業しました。

JAR競馬学校第33期生の同期は、川又賢治、木幡育也、富田暁、武藤雅、合わせて5名います。

父親はJAR騎手の横山典弘。
兄もJRA騎手の横山和生と親子兄弟そろって騎手、親戚にも競馬関係者が多い家系です。

まず祖父は元JRA騎手の横山富雄、
叔父は元JRA騎手の横山賀一、
父の叔父元JRA調教師の奥平真治、
父の妹の夫(義理の叔父)元JRA騎手・JRA調教師の菊沢隆徳と、
なんだかすごい家系ですね。
さすがサラブレッド!

武史の名前の由来は「武豊騎手の歴史を越えてほしい」という願いを込めた名前で、父典弘の希望が詰まった三男坊なのです。
その頃に生まれた子なんですね武史騎手!
時代が身に沁みます・・・

父典弘騎手の見立てによると、10年ごとに歴史的なスター騎手が生まれているそうです。
(お酒の席での話ですが)これには騎手自体の実力もありますが、周りの協力や環境がそろい、長年育ててきた騎手が本領を発揮できるタイミングともいえます。

それゆえに、父の期待も大きいということですね。

 

横山武史の実力とデビュー戦

横山武史騎手は、それほどの期待をかけられる実力の持ち主でもあります。

「JRA競馬学校騎手課程33期生模擬レース」ではなんと3連勝!

総合ポイントで競う「競馬学校チャンピオンシップ」で優勝を果たしたことでも、同期の中でずば抜けた実力の持ち主なんです。
父親だけでなく周囲も納得の成績ですね!

 
そして横山武史騎手デビューレースの結果は、
16頭中、武史騎手(ルーナデラセーラー)が7着で、父の典弘騎手が(ナムラアヴィ)3着と、今回は父親の貫録を見せました。

そんな周囲の期待を存分に背負っての今回のデビュー戦の後、インタビューではこんなことを言っていました。

「スタートが得意でない馬と分かっていましたが、後方からの競馬で焦ってしまいました。4コーナーで少し膨らんでしまったので次回はタイトに回りたいです。次の騎乗では同じミスを繰り返さないように心掛け、よりいい着順を目指したいです。」

今回は、7着でまずまずのデビュー戦だったのではないでしょうか?
次回も楽しみです!

 

横山武史の気分になれる?!ヘルメットカメラでVR風体験

ここで、騎手課程33期生第2回模擬レースの画像を見てください。

すごくないですか?後方からの追い上げ!

ヘルメットカメラのおかげで、自分が馬に乗っているような感覚がめちゃくちゃ気持ち良いですよね!

馬は時速70kmもあるといいますし、模擬レースとはいえ本番の迫力!隣の馬との距離が近いし、砂粒が結構飛んできています。
これは、騎手にとってはかなり神経を使うものではないかと思いました。

デビュー戦後のインタビューでも、

「競馬学校の模擬レースと違う頭数ということもあり、砂の飛んでくる量や他の馬に気を使うことなど、競馬は改めて難しいと感じました」

とあるように、レースでは危険なことも多そうですね。

2010年9月26日中山競馬場第3競走で父横山典弘は、落馬で頭蓋骨骨折、頚髄損傷の重傷を負いました。

2016年4月9日(土)3回中山5日目5Rにも落馬し、大事にはいたらなかったものの背部打撲をしています。

 

親子対決!でも仲良く会話が微笑ましい

これはレース前のシーンでしょうか。2人の会話する姿は微笑ましいですね!
ファンからもこんな声が、

模擬レースの時も、親子の会話シーンがあり、たとえ1着でも注意をする父典弘の熱心な指導が愛情を感じます。

その姿勢はしっかり武史騎手にも伝わっていて、「父はかっこいい!馬のことを一番に考えている父が目標!」と父親の背中をしっかりと追っているようです。

素直に父親を尊敬できる武史騎手が可愛い♪
こんな素直な息子、父親だったら可愛くて仕方ないですわー!


▲左の黄色のユニフォームが横山武史、右の紫のユニフォームが父横山典弘

 

横山武史騎手の年収は?

横山武史騎手が憧れる騎手は父・横山典弘。
いずれ追いつきたいと目標としている父の年収っていくらだと思いますか?

実力のある騎手の平均年収が、3千万円~4千万円なところ、横山典弘の年収は1億2600万円!!(2014年概算)
正確な数字ではありませんが、億稼いでますからね!億!

JRAの騎手の場合、一般の平均年収は1千万円といわれています。
デビューしたばかりの新人騎手では、厩舎に所属していればレースの賞金や手当の他に、月給がプラスされるのでだいたい年収5百万円くらいはあるといわれています。

横山武史騎手も最初は年収5百万円くらいからスタートです。

しかし、典弘騎手の若い時、武史騎手にそっくりですねー!
がんばれ!横山武史!!

 

Sponsored Link



おすすめ記事
  • 2017 03.08

関連記事

TSUNEBOプロフィール



あくなき探求心を持つ好奇心の塊。オス。
アンテナを日々巡らし暮らしてます。

世界に誇れるニッポンの素晴らしい人物・技術・場所・グルメ・モノなどを中心に紹介しています。

まったく関係ありませんが、最近、抜け毛に悩んでます。あとポッコリお腹も少々・・・
お問合せはコチラ