山口良治の経歴や今現在は?著書や名言とスクールウォーズの教え子を紹介!


山口良治さんは伏見工業高校のラグビー部監督だった人です。

そしてあの伝説のラグビードラマ「スクールウォーズ」の主人公教師のモデルなのです。

今回は山口良治さんの経歴や今現在、著書や名言、スクールウォーズの教え子を紹介します。

 

山口良治のプロフィール

山口良治のプロフィール

山口良治
生年月日:1943年2月15日
出身地:福井県三方郡南西郷村(現・美浜町)
学歴:日本体育大学卒業

山口良治さんは日本体育大学を卒業してから、岐阜や京都の高校で教論をしていました。

1975年に京都市伏見工業高等学校のラグビー部の監督に就任して、わずか3年でラグビー部を見事優勝に導いたのですから凄いとしかいいようがないですね。

その後も、ラグビー部の総監督やスポーツ政策顧問などスポーツに関連する職を歴任されていました。

そして定年退職後の現在は日本ラグビー協会評議員、京都アクアリーナ館長、環太平洋大学 体育学部教授・学監、福井県美浜町ハートフル大使など、幅広く今も活動されています。

 

山口良治がモデルの「スクールウォーズ」

山口良治がモデルの「スクールウォーズ」

昭和の熱血スポーツドラマと言われると一番に思い出すのが「スクールウォーズ」です。

学校の不良の生徒たちを更生させて立ち直らせたり、教師が真正面から生徒とぶつかっている熱い姿が印象的です。

このドラマは、弱小チームだったラグビー部を教師が優勝するまで導く話なんですが、これは実話に基づいて作られています。

このドラマに登場する熱血教師「滝沢先生」のモデルになったのが山口良治さんです。

不良を立ち直らせ、熱い指導をする山口良治さんとは一体どんな人物なんでしょうか?

 
山口良治さんは熱血ぶりをよく取り上げられますが、それと同時にとても涙もろい事で有名です。

それもそのはずで、「スクールウォーズ」のサブタイトルには「泣き虫先生の7年戦争」と付けられているんです。

情に熱い方だからこそ、涙もろいんでしょうね。

 
以前、出演されたプロジェクトXで山口良治さんと教え子だった京都一の不良と呼ばれていた山本清吾さんのやりとりが放送されていました。

山口良治さんの指導によって悪いことからすっかり足を洗って、現在は山本さんは学校の体育教師をしていると聞いて、山口良治さんは山本さんを見て感動しながら泣いて話していたんです。

自分の教え子が自分の指導によって、立派に育ったという感動と嬉しさで胸いっぱいになったんでしょうね。

ちなみに山本清悟さんは、スクールウォーズの不良、大木大助のモデルです。
そのドラマ「スクールウォーズ」の記事もあります。

Sponsored Links

 

山口良治の教え子は?

山口良治の教え子

山口良治さんのラグビーの教え子には、名選手が多くいます。

先ほどの山本清悟さんは、高校日本代表になり現在は奈良工業高校のラグビー部監督です。
元ラグビー日本代表、元ラグビー日本代表監督の平尾誠二(故人)
芦屋学園理事長で元ラグビー日本代表の大八木淳史。
元ラグビー日本代表の細川隆弘。
光泉高等学校ラグビー部監督の薬師寺利弥。
現伏見工業高校ラグビー部GMの高崎利明。

 
日本ラグビー界を代表するスター選手の平尾さんが2016年10月20日に胆管細胞がんで53歳という若さで亡くなりました。

そんな平尾さんの死を前に山口良治さんは「親よりも早く逝くな!そんなことを教えてやれなかった、私のミス」と泣きながら話していたのが印象的でした。

 

山口良治の著書や名言

山口良治の著書や名言

そんな山口良治さんの教育方針などが知れるものはあるのでしょうか?

ドラマ化されるくらいの教論だった山口良治さんですが、その教育論について書かれている本をいくつか出されています。

『生きる力を伝えたい―泣き虫先生の熱血教育論』(幻冬舎)
『熱き思いが壁を破る―スクール・ウォーズ流、…』(PHP研究所)
『17歳を語る山口良治―伏見工業高校ラグビー部…』(アートヴィレッジ)
『信は力なり―可能性の限界に挑む』(旬報社)
『気づかせて動かす (PHP文庫)』(PHP研究所)
『俺がやらねば誰がやる―高校ラグビー日本一監…』(講談社)
『キリカエ力は、指導力―常識も理屈も吹っ飛ぶ…』(梧桐書院)
『夢を活かす!―熱血師弟の実践的子育て』(講談社)
『プロジェクトX ザ・マン』(日本放送出版協会)(共著:須磨久善,高野甲子雄,今井彰)


これら著書の中には山口良治さんの座右の銘
「愛とは人を信じ、待ち、許すこと」というセリフが出てきます。

個人的には
「負けを知らない勝利者はいない。失敗をしない名選手はいない」
「力を貯めるな、出せ。そうでないと人は大きくならない」
「All for One,One for all」
当たりの名言が好きです。

 

山口良治の今現在

山口良治の今現在

山口良治さんは以前、脳梗塞になってしまいました。

そのため、京都から東京にある「表参道セラサイズ・スタジオ」というスタジオに通われてリハビリしています。

このスタジオに通ったきっかけも外国人の教え子の紹介だというのですから、本当に生徒との信頼がある方なんですね。

しかも生徒の紹介なので、ちゃんと遠方からでも通うのが素敵です。

 
お歳を重ねて病気になっても、病に負けずにこうして遠方からリハビリに通われていてまだまだ現役だと思いました。

「がんばらないストレッチ」というリハビリを山口良治さんは実践しているのですがそのストレッチの効果を冷静に分析しているのでそのスポーツマン精神は今も健在なんでしょうね!

このストレッチは面白い動きなので沢山笑いながらリハビリしているみたいで元気に過ごされていて安心しました!

 
若い頃からスポーツと密接に関わってきて、その思いを生徒に託し見事勝利に導いた1人の教師だった山口良治さんですが、今も病気をしても負けないスポーツマン精神を持ち、頑張っています。

是非、今後もその素晴らしい精神を講演会などで広めていってほしいです。 

 

Sponsored Link



おすすめ記事
  • 2019 06.11

関連記事

TSUNEBOプロフィール



あくなき探求心を持つ好奇心の塊。オス。
アンテナを日々巡らし暮らしてます。

世界に誇れるニッポンの素晴らしい人物・技術・場所・グルメ・モノなどを中心に紹介しています。

まったく関係ありませんが、最近、抜け毛に悩んでます。あとポッコリお腹も少々・・・
お問合せはコチラ

おすすめ記事