毛穴が目立たないメイクで肌をキレイに見せる方法とグッズを紹介!

Sponsored Link


メイクが上手になりたい、キレイに出来るようになりたい。

そんなあなたに、とっておきの方法を教えましょう。

ポイントは、きめ細かい肌、キメ肌です。
それには、毛穴が目立たないメイク方法が必要なんです。

毛穴が目立たないメイクで、肌をキレイに見せる方法とグッズ、熊野筆を紹介します。

 

ファンデーション?コンシーラー?

毛穴が目立たないメイク グッズ

「メイクがきれいに出来るようになりたい」と思ったとき、まず頭に浮かぶのは、カバー力が高いファンデーションとか、コンシーラーの上手な使い方とかかもしれません。

しかし、メイクをきれいに見せる一番のポイントは「キメ細かい肌」なのです。

キメが荒い肌に、どんなにたくさんの色をのせたとしても、メイク上手にはなりません。

それでは、メイクが上手くなるための必要条件である「キメ肌」を作るために、欠かせないポイントは何でしょう?

 

ファンデーションは「塗り方」が重要

毛穴が目立たないメイク グッズ

メイクを上手に見せるコツ、肌をきれいに見せるポイントはメイクの基盤となる「ファンデーション」にあります。

肌をきれいに見せるためには、毛穴を目立たなくさせ、顔を立体的に見せることがポイントです。

多くの女性は、自分の肌をきれいに見せることができるファンデーションを求めて、たくさんのメーカーや新作ファンデーション、リキッドファンデーションからパウダーファンデーションまで、手を変え品を変えチャレンジしてしまいます。

しかし、たくさんのファンデーションにチャレンジしても、なかなか自分に合うファンデーションと出会えない人がほとんどです。

なぜなら、問題はファンデーションではなく、「塗り方」にあることが多いからです。

 
きめ細かい肌に見せるためには「とにかく毛穴を消したい」と思い、リキッドファンデーションで毛穴を埋めこんで、さらにパウダーをはたいてメイクの土台を作る人がいます。

確かに、毛穴が見えずマットな質感の肌はメイクが映えるかもしれません。
しかし、肌には大きな負担がかかっているのは間違いありません。

 
また、毛穴が見えないくらい塗り込んだメイクは「濃いメイク」になりがちで、自然な美しさとは縁遠いものになってしまいます。

自然な肌の美しさを引き出すためには、毛穴を埋めるのではなく「目立たせない」ことがポイントです。

じつは、パウダーファンデーションは、塗り込むことで肌を美しく見せるものではありません。

パウダーは粒子なのです。

小さな粒子を肌表面に薄く「並べる」ことで、光を細かく反射させて、きめ細かいキメ肌にみせることができます。

 

化粧筆がメイクをきれいに見せる!

パウダーファンデーションを上手に使うコツは「パウダーの粒子を並べることがポイント」とお話ししました。

しかし、多くのパウダーファンデーションには、スポンジのようなパフが付属されていますよね。

パフでパウダーファンデーションをこそげ取り、顔に押し付ける塗り方では、どんなに高級なパウダーファンデーションでも、なかなかその効果を発揮することができないのです。

 
パウダーの粒子を肌にまんべんなく並べるには、筆を使うのがベストです。

筆は、パフとは違いふんわりとパウダーファンデーションをすくい上げ、ふんわりとした状態を保ったまま肌にパウダーを移動させることができます。

肌に移動したパウダーは、筆でなでられながらコロコロと肌表面を移動し、穴を埋めることなく光を細かく反射させるのです。

パフから筆に変えるだけで、大きな違いが感じられるはずですよ。

 
化粧筆の中でも「熊野筆」は有名です。

化粧品メーカーとして、たくさんのノウハウを持っているポーラ化粧品が、日本一の筆と言っても過言ではない「熊野筆」と協力して作った筆が「熊野化粧筆B.AプレミアムM」です。

熊野筆の特徴は、毛量の多さと密度の濃さ、そして中央部分に沿って毛足が長くなる独特のシルエットです。

毛量が多いことで、多くのパウダー粒子が絡み合います。

そして、中央部分に向かって毛足が長くなる独特のシルエットが、細部までパウダーを行きわたらせることができるのです。

 

「熊野化粧筆B.AプレミアムM」の魅力


「熊野化粧筆B.AプレミアムM」は、パウダーの粒子を肌表面にまんべんなく、ふんわりとのせることでキメ肌にみせることができます。

そして「熊野化粧筆B.AプレミアムM」は、パウダーファンデーションだけでなく、リキッドファンデーションにも使うことができます。

朝一番のメイクはリキッドファンデーションを使ってしっかりと行い、昼間以降のメイク直しにはパウダーファンデーションを使ってもいいのではないでしょうか。

 
「熊野化粧筆B.AプレミアムM」の特徴は、短い持ち手です。

長い持ち手の方が使いやすいと思われがちですが、実は持ち手が長いと描く円が大きくなり、パウダーの付着にムラが出てしまうことも多いのです。

筆の扱いに慣れていない人は、持ち手の短い筆から始めたほうがいいでしょう。

また、持ち手が短いことで持ち運びも容易です。
小さな化粧ポーチにも、すっぽりと納まります。

 
「熊野化粧筆B.AプレミアムM」のお手入れは、ティシュで残ったファンデーションをぬぐうだけで終わりです。

極上の肌触りを感じながら、パフとの違いを実感してみてはいかがでしょうか。

ファンデーションは同じでも、筆を使う事でまったく別の仕上がりになり驚くはずですよ。
楽天で購入できます。
ポーラ 熊野化粧筆(肌) B.A プレミアムM
 

Sponsored Link



おすすめ記事
  • 2018 01.27

関連記事

TSUNEBOプロフィール



あくなき探求心を持つ好奇心の塊。オス。
アンテナを日々巡らし暮らしてます。

世界に誇れるニッポンの素晴らしい人物・技術・場所・グルメ・モノなどを中心に紹介しています。

まったく関係ありませんが、最近、抜け毛に悩んでます。あとポッコリお腹も少々・・・
お問合せはコチラ

おすすめ記事