明神学武(カツオ一本釣り漁師)の経歴と年収は?お店も紹介!

s-5848350369_c617f872a6_z

Sponsored Link


明神学武(みょうじんまなぶ)さんは、カツオ一本釣りの天才漁師です。
10年間で4度も漁獲高で日本一になっているカリスマなのです。

そんな、明神学武さんの経歴と年収、明神学武さんのカツオが食べれるお店も紹介します。

 

明神学武プロフィール

明神学武

明神学武(みょうじんまなぶ)
高知県黒潮町出身
高校卒業後漁師になり31歳の時に船頭となり日本一
「明神水産株式会社」所属

 
明神学武さんの生活は、年間約300日を大海原で闘い続けます。
2月に土佐佐賀港より出港し、ナブラと呼ばれる魚の群れを探し周り、カツオを獲って土佐に帰港するのは12月にもなるのです。

以前にもお話しましたが、私も船乗りになりたかった少年でした。
中学を卒業したら商船高等専門学校に行こうと本気で思っていたほどです(笑)
でもさすがに年間300日海は・・・

明神学武さん、人生の全てを賭けていると言っても過言ではないでしょう。
船乗りになりたかった私にとっても、飛びぬけてかっこいい海の男です。

 
明神学武さん率いる『第83佐賀明神丸』は、この10年で4度の水揚げ日本一を記録しています。
明神学武さんは、漁労長になって初めての年に日本一の座を掴みました。
若干31歳の時です。

それまでと言えば漁師は、長年の漁師経験や知識がモノをいう時代でした。
若輩者ではなかなか勝てない時代です。

そんな中、ベテランでもない明神学武さんが勝つには、細かなデータ分析で戦うしかありませんでした。
最初は地道なデータ集めです。
当然、この頃の明神学武さんは、まだ結果を出す事が出来ませんでした。

明神学武
(この写真はイメージです。念のため・・・)

そしてこの地道なデータ集めの作業が、ある一定の法則?を導き出します。
経験やカンではなく、その日の気象状況や、水温、独自のデータと緻密な情報分析で、カツオの群れをピンポイントで探し当てられるようになったのです。

この他の船とはまったく違う動きをする、大胆な漁の戦略で、明神学武さんは、現在カツオ漁の世界でトップに君臨しています。

まさに「人の行く裏に道あり花の山」でしょう。
みんなと同じ方法では、その他大勢から抜け出せないのです。

土佐のカツオ一本釣りに限らず、漁は釣りの漁場探しが一番重要です。
魚がいない所にサオを出しても釣れるハズがないのですからね。

 
しかし、大漁か否かは船のリーダーである漁労長(船頭)の明神学武さんの肩にかかっており、かなりのプレッシャーだと思います。

だって、船員23人~27人の生活がかかっていますからね。
私なら押しつぶされます・・・

Sponsored Link

明神学武さんのカツオが食べられるお店と値段

明神学武 お店

明神学武さんは「明神水産株式会社」に所属していますが、この会社が経営しているのが、高知市にある、ひろめ市場内にある「明神丸」です。

■ 明神丸 ひろめ市場店
住所: 〒780-0841 高知県高知市帯屋町2−3−1
電話:088-820-5101
営業時間: 10時00分~21時00分

最高のカツオが食べれます。

明神学武 カツオ

日本一のカツオ漁師が獲った魚。というだけで、妙にそそられますね(笑)

ちなみにお値段は、時期によって若干の変動があります。
一番人気の「藁焼きたたき」なら・・・
■ 藁焼きたたき 単品
・小 5切(1人前) 700円
・中 7切(1~2人前) 900円
・大 10切(2人前) 1200円
・特大 13切(3人前) 1500円

塩かタレを選んで注文します。
カツオタタキと言うとポン酢が思い浮かびますが、おすすめは塩だそうですよ。
焼きたての藁焼きタタキに、こだわりの高知県黒潮町産天日塩がふりかけてあります。ゆず酢をつければ、さらにさっぱりとした味わいが楽しめます!

遠くの方は通販
楽天本場土佐の漁師一本釣り 明神水産カツオたたきでも購入できますよ。

Sponsored Link





 

明神学武さんの年収は?

明神学武 年収

またまた下世話な話ですが、日本一のカツオ漁師、明神学武さんはどれくらい稼いでいるのか気になります。

ちなみに去年2013年の明神学武さんの船の売り上げは、全国1位で6億810万だそうです!

もちろん水揚げ高によって漁師の収入も変わると思いますが、ココ明神水産株式会社では、他にくらべ水揚げの多少にはあまり左右されない給与制をとっているそうです。船員をなるべく辞めさせたくない思いからです。

とは言え、漁獲高は歩合として関係してきます。
目安として「中卒で船に乗っても年収500万円位」とのインタビュー記事がありましたが、熟練でも年収800万円ぐらいだそうです。

そして明神学武さんの肩書でもある「漁労長」クラスになると、年収ベースで1075万円~1240万円ほど。

しかし、明神学武さんのような日本一のカリスマになると、1600万円ぐらいでしょう(あくまでも推測です)

明神学武

すごい高給取りと思うかもしれませんが、年間300日海の上で、家族にも会えないんですよ。おまけに危険と隣り合わせです。
そして、かなりの責任とプレッシャー・・・
マグロ漁船の全てを統括する最高責任者としては、もっと貰ってもいいくらいだと思います。

ちなみに今年、2014年度の漁獲高でも、明神学武さんの船が、また1位になりそうです。さすがです!
 
余談ですが、明神学武さん昔、ポッカの缶コーヒーのCMに出てました。
仕事に賭ける男は、かっこよくて絵になりますもんね。

あー、カツオ食べたくなってきた・・・
塩で・・・

Sponsored Link


  • 2014 11.10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 20111016002008
  2. s-156b76b1_s
  3. tqe2it00000kg5c0
  4. c0076705_15422120
  5. s-031_o
  6. wst1508210039-p1

TSUNEBOプロフィール



あくなき探求心を持つ好奇心の塊。オス。
アンテナを日々巡らし暮らしてます。

世界に誇れるニッポンの素晴らしい人物・技術・場所・グルメ・モノなどを中心に紹介しています。

まったく関係ありませんが、最近、抜け毛に悩んでます。あとポッコリお腹も少々・・・
お問合せはコチラ