治験モニターバイトで安全に稼げるか?募集の注意点や参加方法について!

Sponsored Link


「治験モニター」ってご存じでしょうか?
簡単に言うと医療の臨床試験の対象者になる事です。

治験モニターになると「負担軽減費」と言われる報酬も貰う事が出来ます。
そんなうまい話があるのか?詐欺じゃないの?
と言う方に、私の体験を踏まえた、治験モニターのバイトで稼げるか?募集の注意点や参加方法について紹介します。

治験モニター応募の流れをしっかり把握しておきましょう。

実は社会貢献度も高く、安全で報酬もしっかりもらえるのが「治験モニター」なのですよ。

 

治験モニターとは安全なの?

治験モニター

治験モニターとは、

医薬品もしくは医療機器の製造販売に関して、医薬品医療機器等法上の承認を得るために行われる臨床試験。

の事です。

よく医療のドラマや映画で出てくる、実験用マウスがわかりやすいですね。
でもあの「マウス」をイメージしたら、治験モニターになるには、かなりの抵抗があると思います(笑)

でも、心配ないです。
副作用でどうこうなってしまうような「実験」ではなく、厳重な承認を得た薬剤等の試験です。

そもそもそんなに危ないモノだったら、こんな制度はとっくに大問題になって廃止されています。

何と言っても経験者の私が言うのですから・・・
実は私は貧乏学生時代に治験モニターの経験があります(笑)

 
当時の私は先輩に誘われて治験モニターに行きました。
「いいバイトがある」なんて言われてです。
(正確にはアルバイトではなく、ボランティアという形になります)

三食昼寝付きで、2日ほど病院に泊まれば3万円ぐらい貰えた記憶があります。

我々のあいだでは「治験モニター」なんて洒落た名前ではなく、「ネズミ行く?」なんて言ってましたね(笑)

強者の先輩は治験モニターで20万円ぐらい稼いでいましたから、驚きです。
結論から言うと「治験モニター」は稼げます。

ただし、あくまでもボランティアなので「稼ぐ」という表現は、相応しくありませんね。

 

治験モニターの体験具体例

治験モニターの具体例

治験モニターには様々なタイプがあります。
私がやったのは、薬を飲んで定期的に採血するモノでした。

危険は無いとはいえ、
承諾書のようなモノを最初に書かされた記憶があります。

がっつり病院に拘束されますが、マンガやテレビなども見れましたから特別な辛さはありませんでしたね。

外には出れませんし、ネットもなし。
病院の中をウロウロするだけ・・・

ただ最初は緊張感があります。
私も先輩に強制的に?連れていかれましたので、治験モニターをやりましたが、自分の意志だったらまず参加しなかったでしょう。
だって怖いですもん・・・

肉体的にタフな人より、精神的にタフな人がおすすめです。
とは言え、私も3回目ぐらいからは、ちょっとした旅行気分になっていましたが・・・

要は慣れです(笑)

Sponsored Link

治験モニターの種類によっては、3泊を2回、5泊を2回という長丁場のモノもありました。
当然バイト代(正確には負担軽減費)も高額になります。
だいたい15万円以上にはなりますね。

治験の内容も、前述した採血をするモノから、血圧、採便、軽く運動・・・
いろいろです。

事前にしっかりと「何をする治験モニター」なのかを、ハッキリと認識して参加しましょう。

 
私の場合は、バイト代(負担軽減費)は、治験モニター終了後に、帰る際に現金手渡しで貰っていました。
銀行振り込みの所もあるようです。

貧乏学生時代は、ほんと助かっていましたね。
でも、今じゃよくやったわ、自分。と思います。

当時の貧困さがうかがえます(笑)

 
ただ一度治験モニターをやると、次回は2ヶ月ほど期間を空けなければいけません。
そういった意味でも、拘束日数、報酬金額を考慮して治験モニターの案件を選ぶといいです。

たくさんお金が入用なら(笑)、2ヶ月空いても大丈夫なくらいの高報酬案件を狙った方がいいかもしれません。

それだけで食っていくのもおすすめできませんが・・・
あくまでも金欠非常時の緊急事態用とした方がいいかも。

 

治験モニター募集の注意点と参加方法

治験モニターバイト 募集 参加方法

私は当時先輩に誘われて参加しましたが、現在は(もしかしたら昔も)治験モニターを募集している団体があります。

ココだけの話、治験モニターには超楽勝のモノから難易度がきついモノまでいろいろあります。

ですから、どれだけいち早く、いい条件の治験を見つけるかが、ものすごく重要です。
人気?案件の競争は当然激しいです。

それには、前述した団体に登録しておく事をおすすめします。
登録にはまったくお金はかかりません。

治験モニターの情報を逐一メールで知らせてくれますので、その中から良さそうなモノを選んで募集に応募します。

特に健康上の問題がなければ採用になりますが、早いモノ勝ちですので、魅力的な案件?はスグに埋まります。

案件によっては、いろいろな参加条件が付きますが、基本は20歳以上の健康な純日本人であれば大丈夫です(ハーフとかはダメなのです)

 
個人で治験モニター募集の案件を探すのはかなり困難です。

まずボランティア団体に登録して、治験募集の情報が送られてくるのを待つ。
良い案件があったら応募する。

採用かどうかは病院側が決めますので、採用になれば正式に治験モニターとして拘束されます。

注意してほしいのは、このボランティア団体です。
登録する際に、お金を取るような団体はヤメたほうがいいです。
そんなのは、まずありませんから・・・騙されないように!

長年運営している団体なら大丈夫でしょう。
10年の実績がある「JCVN」なら安心です。

基本的にはバイトではなく、あなたがボランティアに参加する、社会貢献の手助けをする。といった意味合いになります。
くわしくは、公式サイト安心実績のJCVN治験モニターで確認してみてください。

 
治験モニターは高額収入(負担軽減費)以外にも、メリットがあります。
それは、あなた自身の健康診断もできちゃうことです。

治験モニター前に、病院側がチェックしてくれるんですね。
これもうれしいポイントです。

ちなみにココで、問題があると落とされますから、体調管理は万全で望みましょう。

 

Sponsored Link



おすすめ記事
  • 2015 11.05

関連記事

TSUNEBOプロフィール



あくなき探求心を持つ好奇心の塊。オス。
アンテナを日々巡らし暮らしてます。

世界に誇れるニッポンの素晴らしい人物・技術・場所・グルメ・モノなどを中心に紹介しています。

まったく関係ありませんが、最近、抜け毛に悩んでます。あとポッコリお腹も少々・・・
お問合せはコチラ

おすすめ記事