結婚式の冬の二次会&お呼ばれコーディネート!NGスタイルやマナーを解決!

Sponsored Link


冬の結婚式はとってもロマンチックなので、冬の結婚式用のアイテムもしっかりと押さえておきたいものです。

しかし結婚式のファッションは色々と決まりが多く、冬は防寒対策が必要にもかかわらず身に着けるものが大きく制限されがち。

「一体何を着ていけばいいの?」と言う方に、お呼ばれコーディネートから二次会コーディネートまでの、「理想の冬の結婚式用コーディネート」をご紹介します!

 

冬の結婚式のNGアイテム、スタイルは?

冬の結婚式のNGアイテム

結婚式は普段着ない服を着る特別な機会。
親しい友人や家族などのお祝いの場ですから、ファッションも気合が入りますよね。

冬の結婚式はとっても寒いので、
オシャレに防寒対策したい!と思うのは必然的なことです。

しかし、防寒対策をした結果、大きなマナー違反になり周りから白い目で見られるのは避けたいものです。

冬の結婚式のお呼ばれコーデ、二次会コーデでマナー違反になる範囲は、基本的に変わりません。

二次会はフォーマルな場所ではない限りカジュアルダウンしますが、披露宴でマナー違反になるものは、二次会でも基本的には身に着けてはいけないので注意が必要です。

 
冬の結婚式でのNGアイテムは、
・黒ストッキング(タイツ)
・カジュアルすぎるアウター
・ファーのついたボレロ、コート、アクセサリーなど
・毛皮を使ったもの
・ブーツやブーティー
・長すぎる丈のワンピース
 です。

これに加え、季節問わずブラックパールや白に近い色のドレス、揺れるピアス(イヤリング)などもNGですから注意です。

 

冬の結婚式のお呼ばれコーディネートのマナー!

冬の結婚式のお呼ばれコーディネートのマナー

NGを基準に考えてしまうと「アレもだめコレもだめ…」とコーディネートを考えるのも嫌になってくるのも無理ありません。

何が大丈夫で何がダメなのかを考えるよりも、ベースになるコーディネートを知る事でグッと楽になります。

冬の結婚式お呼ばれコーディネートのベースは、
・丈が短すぎないドレスワンピースかパンツスーツ
・アウター
 です。

気温によりますが、アウターに使えるものは
・ストール
・ジャケット
・カーディガン
・ボレロ
・コート

ですが、レザージャケットやライダースなどは、合皮であったとしても本革と間違えられやすく、殺生をイメージさせるため避けましょう。

 
冬の結婚式のお呼ばれコーディネートで最も汎用性が高いのはやはりコート。

Aラインコートやトレンチコートを
袖を通さず羽織るように着るととってもオシャレですよ!

雪が降るほど気温の低い日でなければショート丈のコートもオススメです。

 
毛皮のコートや真っ白のコートは、クロークに預けるとしても人目につくため避けてくださいね。

ワンピースだけでは寒い!という場合は
ワンピースの上から着るブラウスがセットになったドレスワンピースや、長袖のドレスワンピースなどもあるので新しく購入してみるのもオススメです。

 

冬の結婚式の二次会のコーディネートのマナー!

冬の結婚式の二次会のコーディネートのマナー

披露宴用のコーディネートもなかなか難しいですが、二次会のコーディネートもどこまでカジュアルダウンしていいのかわからないので難しいところ。

「二次会だから」とカジュアルなコーデで参加したら、会場がフォーマルで恥ずかしい思いをした…なんてことは避けたいですよね。

冬の結婚式の二次会用コーディネートは、
会場のフォーマル度でカジュアルダウンの度合いを変えていきましょう。

二次会会場のお知らせをもらったら、予めどういった場所なのかリサーチしておくことを忘れないでくださいね。

Sponsored Link


 

■ ホテルや格式の高いレストランが会場の場合

二次会コーディネート ホテルや格式の高いレストランが会場の場合

カジュアルなコーディネートで参加して、最も赤っ恥をかいてしまいがちな会場は、ホテルや高級レストランです。

雰囲気と自分のコーデが合わず、終始居心地が悪かった…ということがないようにしましょう。

こういったフォーマル度の高い会場での二次会の場合は、カジュアルダウンせずに披露宴に参加するつもりになってコーディネイトをする必要があります。

二次会会場のフォーマル度が高い場合は、
柄の入ったドレスワンピースなどは雰囲気に合わないため、ワントーンで落ち着いた色合いのものをチョイスしましょう。

 

■ カフェやバーなどカジュアルな会場の場合

二次会コーディネート カフェやバーなどカジュアルな会場の場合

近年二次会の会場として多くなってきているのが、カフェやバーなどカジュアルスタイルな会場です。

こういった会場の場合は、披露宴のようなフォーマルスタイルは浮いてしまうのでカジュアルダウンしてOK。

披露宴も一緒に参加する場合は、着替えを持っていくことをオススメします。

 
一般的なコーディネートとしては、
・デートに着ていくようなちょっと特別なワンピース
・スカート+ブラウス
・よそ行きのパンツスタイル+オフショルダー
 がオススメです。

オフショルダーをコーディネートに入れる場合は、露出が多すぎないように注意してくださいね。

披露宴のコーデをあまり崩さずにカジュアルダウンしたい!という場合は、ショールをボレロに変えたり、ドレスワンピースの上からカジュアルなブラウスを着るなど工夫すると荷物も少なくてGOODです。

 

結婚式のお呼ばれ、二次会のコーデに困ったら?

結婚式ファッションレンタル

結婚式の主役は花嫁さんですが、せっかくのお祝いの場所ですから普段しないようなオシャレをしたいですよね。

ドレス、アクセサリー、バッグ・・・
揃えるのはお金もかかるし、アイテムも迷ってしまう人は、レンタルサービスがおすすめです。

一式レンタルしても、
おそらく1着分のドレスを買うぐらいの金額で済みます。

必要な時にレンタルすれば、
あの人、いつも同じコーディネイトだね・・・なんてことにもなりません^^;

DMM.com のファッションレンタル!なら、有名ブランドから憧れのセレブご用達品までレンタルできるので、購入するより断然お得ですよ!

使う時だけのレンタルなので、
入会金とか月額会費などもなく、安心です。

くれぐれも、浮いてしまうことのないように、お祝いの場所にふさわしい服装で素敵な結婚式にしてくださいね。

 

Sponsored Link



おすすめ記事
  • 2018 10.21

関連記事

TSUNEBOプロフィール



あくなき探求心を持つ好奇心の塊。オス。
アンテナを日々巡らし暮らしてます。

世界に誇れるニッポンの素晴らしい人物・技術・場所・グルメ・モノなどを中心に紹介しています。

まったく関係ありませんが、最近、抜け毛に悩んでます。あとポッコリお腹も少々・・・
お問合せはコチラ

おすすめ記事