たいぞう(芸人画家)のプロフィールと本名は?彼女と結婚についても!

s-pc028332

Sponsored Link


たいぞうさんは、吉本興業所属のお笑い芸人です。
そして、それとは別に画家という顔も持っています。

そんな、芸人画家のたいぞうさんのプロフィール、学校や結婚、作品について調べました。

 

たいぞうさんのプロフィール

たいぞう(芸人画家)プロフィールたいぞう

本名:横山 泰三(よこやまたいぞう)
1974年1月12日生まれ
香川県観音寺市出身
尽誠学園高等学校卒
大阪NSC11期生
身長:167cm  体重:80kg
血液型:A型

たいぞうさんは、少年時代から鳥山明氏の「ドラゴンボール」に憧れ、漫画を描いていたそうです。
漫画家になるか、お笑いかで相当迷ったそうです。
この頃から画家になる素質はあったわけですね。

大阪NSC11期生で同期には陣内智則、たむらけんじ、ケンドーコバヤシ、中川家、などがいます。

当初は「ギャグガスバクハツ」というコンビでデビューしましたが、現在は解散してピン芸人です。

たいぞうさんは、ピン芸人に転向した後に吉本新喜劇に入団しました。
新喜劇では間の抜けた警察官やヤクザ、アホな御曹司といった役が多いです。
ルックスのまんまです・・・

 

たいぞうさんが画家になったきっかけは?

たいぞう(芸人画家)

たいぞうさんが絵を描くようになったきっかけは、2005年に放映されたテレビ番組。
番組のロケで絵を描きはじめました。

仕事で絵を描き始めたのは、テレビ番組の挑戦企画がきっかけ。
その番組の司会者が、番組内でたいぞうさんのユニークな絵画をとても褒め、もっと絵を描いて、個展を開くように強く勧めたそうです。

どこにチャンスが転がっているかわかりませんね。
この司会者にも、きっと頭が上がらないでしょう。

Sponsored Link

芸人画家たいぞうさんの作品

たいぞう(芸人画家)作品

画家としての、たいぞうさんは、大阪では個展を15回以上、東京でも開催するほどになりました。

2008年のテレビ番組「行列ができる法律相談所」のカンボジア学校建設企画に出品した作品は、オークションで320万円の価格が付くほどでした。

たいぞうさんの絵は、色使いと抽象的デザインが特徴で、全くの独自スタイル。
曲線が多く色も派手で、ピカソのようです。
ただパッと見は、ジミー大西の絵にも似ているカンジがします。

たいぞう(芸人画家)作品

ちなみに、たいぞうさんの個展で販売している絵画の価格は、
・ハガキサイズ 2万円
・B5サイズ 3万5000円
・色紙サイズ 7万円
・画用紙サイズ 7万円 結構するんですね・・・

収入も、芸人よりも画家の方が多いそうですが、芸人は辞めないそうです。

もしコメディアンをやめたなら、絵は描けなくなってしまう。
お笑い芸人の仕事は人々をハッピーにすること。
絵でもみんなをハッピーにしたい。

最近では、地域によっても絵の好みが違うのがわかってきたそうです。

大阪はやっぱり派手好きと言いますか、パワフルな絵が好まれる、東京ではファミリーな感じというか優しい色が好まれる。らしいです。

 

たいぞうさんはバツイチ?

たいぞう(芸人画家)バツイチ

たいぞうさんは、2006年に公務員の女性と結婚していましたが、離婚していました。
バツイチなんですね。

そして、2008年1月に当時、大阪在住の歯科衛生士(当時27歳)と再婚しています。
きっかけは、たいぞうさんの初の個展の時に知人に紹介されたそうです。

絵を描くことによって、収入も奥さんも手に入れたことになります。
絵画に出会えたたいぞうさんは、幸せ者です。

たいぞうさん、まだまだ進化しそうですし、楽しみですね!

Sponsored Link


  • 2014 10.19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. s-img_0
  2. s-03DSC_4296
  3. s-img_11
  4. s-232323
  5. s-ogo
  6. s-ict26

TSUNEBOプロフィール



あくなき探求心を持つ好奇心の塊。オス。
アンテナを日々巡らし暮らしてます。

世界に誇れるニッポンの素晴らしい人物・技術・場所・グルメ・モノなどを中心に紹介しています。

まったく関係ありませんが、最近、抜け毛に悩んでます。あとポッコリお腹も少々・・・
お問合せはコチラ