飛ばないテントウムシの購入方法や値段と使い方を調べたよ!

s-bb6f7908

Sponsored Link


飛ばないテントウムシは、生物農薬としての目的で利用される特殊なテントウムシのことです。
害虫駆除に悩まされる農家にとっては、今までにない画期的な方法です。

この、飛ばないテントウムシの購入方法や値段、使い方だどを調べてみました。

 

飛ばないテントウムシの効果は?

飛ばないテントウムシ

農作物をに付く害虫などの駆除には、主に化学合成農薬が利用されるのが一般的でした。

しかし農薬による周辺環境や生態系への悪影響、人体の健康への影響への関心が大きく高まり、環境や人体にに影響の少ない安全な農薬の開発が日々行われてきました。

そんな中で、注目を集めたのが、害虫をその天敵である生物の習性によって駆除する生物農薬という方法です。

実はこの生物農薬は、もともと昔から害虫駆除の対策としてあった方法です。
ですが、実用にはいろいろな問題がありました。

例えば、様々な農作物の害虫となる、アブラムシを捕食するテントウムシは、天敵農薬として有効ですが、屋外の畑では飛んで逃げるという問題点がありました。
この問題をクリアしたモノが「飛べないテントウムシ」なのです。

飛べないテントウムシは、2009年に名古屋大学の研究グループが人工的に作り出すことに成功しました。

テントウムシを生物農薬として使えるように、30世代にわたって選抜と交配を繰り返したそうです。
 
ちなみに、遺伝子組換え技術は使われていないため、このテントウムシの子どもは正常に羽がつくられ、生態系への影響はないそうです。
この飛べないテントウムシが、害虫アブラムシを大量に食べてくれるのです!!

飛ばないテントウムシ 使い方

Sponsored Link

飛ばないテントウムシのメリットと使い方

飛ばないテントウムシのメリットは、
・仮に逃げ出して自然界の飛ぶ個体と交配しても、生態系を乱す心配がない
・飛ばない個体同士で繁殖もでき、一度導入すると、長期間、防除効果が期待できる
・化学農薬の使用量を減らせ、環境や生産者の負担を抑えられる
・人や家畜などへの薬害や、農産物への残留毒性の心配がない

というわけです

飛ばないテントウムシ使い方

次に、飛ばないテントウムシの使い方ですが、いたって簡単です。

アブラムシ類の発生場所を確認したら、使用します。
葉の上に撒いて(置いて)いきます。
だいたい、10〜13頭/㎡が目安です。
それだけです・・・・

飛ばないテントウムシ君たちが、怠けることなく害虫をムシャムシャ食べてくれます!

 

飛ばないテントウムシの購入方法と値段

この飛ばないテントウムシは、茨城県の業者、株式会社アグリセクトが「テントップ」と名付けて販売を始めました。
飛ばないテントウムシ 購入方法 値段ナミテントウ2齢幼虫が200頭ほど入っているそうです。
値段は37,800円・・・

50頭入りは5,292円・・・

一般の家庭菜園レベルの方には、高すぎますね。
少々待つと、値段も下がるのでしょうか?

購入のお問い合わせは、アグリセクト、029-840-5977 まで。
または楽天市場、テントップでどうぞ。
 

ここまで書くと、なんかイイコトずくめのようだが、私はなんか怖い気もします。
テントップがどうこうでなく、こういう事ができてしまう技術がでです。

極論で言えば、都合のいい生物を作れてしまうという事でしょ?
悪い事に使われなければいいのだが・・・

Sponsored Link


  • 2014 10.19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. s-kaba2
  2. IMG_9617
  3. s-a46a7_s
  4. s-o0600039912677103509
  5. s-hylt
  6. s-88d4cc_s

TSUNEBOプロフィール



あくなき探求心を持つ好奇心の塊。オス。
アンテナを日々巡らし暮らしてます。

世界に誇れるニッポンの素晴らしい人物・技術・場所・グルメ・モノなどを中心に紹介しています。

まったく関係ありませんが、最近、抜け毛に悩んでます。あとポッコリお腹も少々・・・
お問合せはコチラ