「探偵の探偵」ネタバレ!最後ラストは?ドラマ最終回結末予想!

s-logo_ogp

Sponsored Link


ドラマ「探偵の探偵」が始まりますね。
主演の北川景子ファンはもちろん、原作の松岡圭祐ファンも楽しみにしているかと思います。

今回は原作ではなく、ドラマ「探偵の探偵」の最終回はどうなるか、最後の結末、死神ネタバレ予想をしたいと思います。
純粋にドラマ「探偵の探偵」を楽しみたい方は、以下スルーしてください。

 

ドラマ「探偵の探偵」

ドラマ「探偵の探偵」

ドラマ「探偵の探偵」には、ご存じの通り原作小説があります。

結論から言うと、原作小説とは違うラスト、最終回の結末になるはずです。

もともと原作がある作品のドラマ化は、人気が安定するので安心な分、ラストや結末を視聴者が最初から知っているというマイナス面があります。

よっぽどドラマに魅力がないと、最終回まで視聴者を引っ張れないのです。

「あいつが犯人だ」とわかっていて見るのと、知らずに見るのとでは、ワクワク・ドキドキ感が違いますので、視聴率にも影響があります。
ネットをみれば「ネタバレ」でたくさん出てきますしね・・・(笑)

 
このマイナス面を補うのが「ちょこっとストーリーを変えてしまう」手です。

この傾向は最近のドラマを見るとわかります。
最近では草彅剛さん主演の「銭の戦争」、相葉雅紀さん主演の「ようこそ、わが家へ」、木村拓哉さん主演「アイムホーム」などがあります。

おおまかなストーリー、流れ、登場人物の役割は、原作を踏襲しながら、内容やラストの結末を変えています。
おそらく今回の「探偵の探偵」も、その路線で行くでしょう。

今の所、公開されている情報からは、原作と登場人物に違いはないようです。
原作にはないドラマのオリジナルキャラクターもいません。

 

原作「探偵の探偵」のネタバレ

「探偵の探偵」

原作の小説「探偵の探偵」はまだ完結していません。
今回、ドラマ化されるのはその一部です。

主人公、紗崎玲奈(北川景子)の妹、紗崎咲良(芳根京子)がストーカー殺人の被害者になってしまいます。
その原因となった悪徳探偵「死神」を紗崎玲奈(北川景子)が復讐のために探し出すというあらすじになります。

原作の「探偵の探偵」のネタバレは、いたるところで書かれているので(笑)詳しくは割愛しますが、結論から言うと、この「死神」は市村凛という人物。
一度は被害者として紗崎玲奈(北川景子)とも接点があった女性でした。

ラストの結末も、めでたく紗崎玲奈(北川景子)が市村凛をやっつけます。

でも、きっとドラマ「探偵の探偵」ではこうはなりません(笑)

Sponsored Link

原作では主人公、紗崎玲奈は傷だらけのヒロインです。
北川景子さんが殴ったり、殴られたりアクションシーンも豊富です。

それを北川景子さんが汚れメイクで、笑顔を封印して演じる所が新鮮で、視聴率のポイントになるかもしれませんね。

ちなみに笑わない主人公では、大島優子さんが「ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜」で大ゴケしているので少々気にはなりますが・・・
(これは「アイムホーム」の裏番組だったというより、完全に大島優子さんのイメージ、魅力を潰してしまったミスキャストでした)

また、日本のドラマ初登場のDEAN FUJIOKA(ディーン・フジオカ)さんにも注目ですね。間違いなく話題になるはずです。

 

ドラマ「探偵の探偵」の最終回、ラスト結末、死神予想

「探偵の探偵」最後ラスト最終回結末予想

ここからは、私の完全予想になります。

私は原作とドラマでは、ラストは変えてくると思っています。
パターンは3つ。
1. 原作通り、市村凛(キャスト不明)を登場させてラストの結末だけ変える
2. 市村凛(キャスト不明)は登場するが死神ではない
3. 市村凛(キャスト不明)は登場しない。別の人物が死神

1.では忠実に原作をなぞりながら、終わり方だけを変えます。一番可能性が高いですし、製作側も難易度が低いです。

2.ならネタバレを知る(笑)視聴者をミスリードさせておいて真犯人は意外な人物

3.の可能性もありますが、番組のインフォメーションでは、

比較的原作に忠実な内容で、1~3巻が映像化されます。

と紹介されていますので、かなり可能性は低いでしょう。

この原作での犯人・死神「市村凛」を誰が演じるかでも1と2の確率が変わりますね。
主演を張れるようなクラスの俳優さんであれば1の確率が、失礼ながらそうでもない方が演じるようなら2の確率が高くなりますね。

個人的には2.が一番面白いと思います。

2.3の場合、犯人・死神は現在発表されているキャストの中にいるはずです。
「悪徳探偵」というキーワードがありますので、以下の人物に絞られます。

・阿比留佳則(ユースケ・サンタマリア)
・須磨康臣(井浦新)
・桐嶋颯太(DEAN FUJIOKA)
・土井修三(伊藤正之)
・佐伯祐司(六角慎司)
・伊根涼子(高山侑子)

阿比留佳則(ユースケ・サンタマリア)は原作でもかなり怪しかったですがシロでした。ドラマでもかなりミスリードさせて描かれそうですがやはりシロです。
このキャラの役割はあくまでもミスリード役です。そのまんま犯人・死神じゃ面白くもなんともありません(笑)

桐嶋颯太(DEAN FUJIOKA)は須磨康臣(井浦新)のスマPIスクール1期生ですから時系列的にシロです。
妹、紗崎咲良(芳根京子)の事件は5年前ですから。
日本ドラマデビューのひたすらかっこいいDEAN FUJIOKA(ディーンフジオカ)さんが見れるでしょう。

佐伯祐司(六角慎司)、伊根涼子(高山侑子)も年齢、時系列的にシロです。

となると残るのは、須磨康臣(井浦新)と土井修三(伊藤正之)ですね・・・
須磨康臣(井浦新)なら、かなり衝撃的です。

 
実は現段階で、私が怪しいと思っている人物がもうひとりいます。
矢吹洋子(高岡早紀)です。

探偵ではないですし、原作でもシロなのですが・・・
演じるのが高岡早紀さんであるという事が、ちょっとひっかかります。

高岡早紀さんクラスであれば、真犯人・死神もありかなと・・・

私の結論。
犯人・死神は、須磨康臣(井浦新)か土井修三(伊藤正之)、ウルトラCで矢吹洋子(高岡早紀)です!

 
あくまでも私の予想ですからね。
なんのヒネリもなくストレートに原作通りになったりして・・・

ドラマ「探偵の探偵」楽しみましょう!

 
※ 他にもネタバレネタありますよ。

Sponsored Link


  • 2015 07.04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. s-fb_angel02
  2. s-232323
  3. s-pc028332
  4. s-maxresdefault
  5. s-bg
  6. s-img_11

TSUNEBOプロフィール



あくなき探求心を持つ好奇心の塊。オス。
アンテナを日々巡らし暮らしてます。

世界に誇れるニッポンの素晴らしい人物・技術・場所・グルメ・モノなどを中心に紹介しています。

まったく関係ありませんが、最近、抜け毛に悩んでます。あとポッコリお腹も少々・・・
お問合せはコチラ