集団的自衛権 とは何?どうなるのか超簡単に説明するよ!

s-ref_l

Sponsored Link


「集団的自衛権」
最近また解散総選挙に伴い、登場するコトが多くなった言葉です。

今回は、この集団的自衛権とは何か?メリットやデメリットなど、誰でもわかるように超簡単に説明します。

 

集団的自衛権とは何か?

集団的自衛権 何

お恥ずかしい話ですが、私はよく理解していなくて「日本が戦争できるかどうか?」ぐらいの認識でしかありませんでした。

しかし、実にわかりやすい説明があったので紹介します。

集団的自衛権とは、密接な関係にある国(たとえばアメリカ)が攻撃を受けたら、日本への攻撃とみなして、日本が武力行使することである。

極論で言うと、
「友達が殴られたから、私(日本)は友達を殴った相手を殴る」という事です。

よく考えると、これって自分を守る「自衛」ではなく、他国のための防衛「他衛」ではないでしょうか?

コレは非常に危険なように思います。
「おまえ(日本)の事は殴ってないのに、なんでおまえ(日本)が俺を殴るんだ?じゃあ、おまえ(日本)も殴ってやる!」
と普通ならなるハズだからです。

結果的に、当初関係のない日本が攻撃を受ける可能性が大ですよね。

もはや、日本が戦争に巻き込まれるかどうかは、相手次第で日本の意志は関係なくなります。
なんか、怖くなってきた・・・

 

集団的自衛権のメリットは?

集団的自衛権メリット

集団的自衛権のメリットは、他国間の「抑止力」として影響することです。
「日本も武力行使が出来る」事は、同盟国にとっては良い事であり、お互いの結束が強まります。

「あなたがピンチになったら、私(日本)は助けてあげれますよ」と公言することになるからです。

Sponsored Link

今現在の状況は、極論で言えば、
「私(日本)は、あなたがピンチの時に助けられないけど、私(日本)がピンチの時は助けてね」だったのです。

コレは国際的に見ればおかしな話です。
武力行使できるコトで、平和を保てるという考え方です。

 

集団的自衛権は今後どうなる?

当然、現在の与党は、集団的自衛権を使えるようにしたいわけです。
反対する野党・・・

メリットもデメリットも考えられるこの問題は、もっと議論するべきだと思います。
いつまでに決める。といった類のモノではありませんね。

海外では中国や韓国などが、日本の集団的自衛権には反対しています。
なぜ反対なのか?

裏読みするとわかるのですが、この反対する国は、日本に武力行使されると困る国なんですね。
いつまでも武力行使が出来ない国でいてほしいのですよ、実は・・・

 
自衛隊の主たる任務は、「他国の侵略から国民の生命・財産を守る」ことにあります。それだけではなく、昨今の災害時には素晴らしい活躍をしていますね。

集団的自衛権

私は自衛隊の救助活動に、目頭を何度も熱くしました。
武力だけが国民を守るコトではないと思いますが・・・

くれぐれも慎重な論議をお願いしたいです。

 
安全保障関連法案の記事もあります。

Sponsored Link


  • 2014 12.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. s-IMG_8973
  2. s-04716b_s
  3. s-9bb
  4. s-c317c1d2-s
  5. s-be7a_s
  6. s-ab2d_s

TSUNEBOプロフィール



あくなき探求心を持つ好奇心の塊。オス。
アンテナを日々巡らし暮らしてます。

世界に誇れるニッポンの素晴らしい人物・技術・場所・グルメ・モノなどを中心に紹介しています。

まったく関係ありませんが、最近、抜け毛に悩んでます。あとポッコリお腹も少々・・・
お問合せはコチラ