中学生の子供の身長を伸ばす方法!背が伸びない悩み解消!


小学校高学年から中学校時代は、私たちの人生の中で最も自分の外見について思い悩む時代だと言われています。

その時代の子供さんにとっては、
「背が低いこと」
「ひ弱に見えること」
「太っていること」
という自分の外見についての悩みは、大人が考える以上に深刻な事のようです。

そんなお子さんをお持ちのあなたに、
中学生の子供の身長を伸ばす方法、背が伸びない悩みを解消するためのお話しますね。

 

子供の背、身長の悩みの付き合い方

一方で、親御さんや年長のご家族から見れば、そのような悩みなどは、成長期にいる子供が悩む必要もないことで、もう少し大きくなれば悩んだことが嘘のように解決されることだと、一笑される方もいらっしゃるかもしれません。

そして同時に、自分も昔は同じことで悩み、心を痛めたけれど、結局は何も解決されないままに大人になってしまったけれども、それは自分の運命だとあきらめて、今に至るという親御さんも少なくありません。
子供の背、身長の悩み

もしかりに、お子さんが、同年代の子供たちに比べて
自分の身長の伸びや筋肉の付き方が遅い、あるいは思わしくないことを、嘆く言葉を口にした時に気を付けるべき事があります。

ご両親やご家族から
「そういう家系だから」とか、
「遺伝だから」
とかの言葉で慰められた時には、慰められるどころか、逆に自分の将来を否定されたかのように傷つく場合があります。

さらには、「人は、その内面の美しさが最も大切であって、外見などの見てくれだけが良くても何の意味もない」という、至極当たり前な賢者の言葉を使って、傷ついたお子さんを励まそうとするケース。

それは励ましの効果など一切持たずに、さらに落ち込ませるだけの逆効果にもなりえます。

こういったことは、ご自分が同じ年代だった頃を思い出して頂けば、その気持ちは理解できますね。

もちろん、子供たちは「背の高さや体型などを自分の誇りとするのではなく、あるがままの現実を受けいれて、内面を磨け」という言葉の正しさを十分理解できます。

そしてそれを理解できる賢い子どもたちは、同時に、「自分に定められた体型以外を望むことは意味がない」という、語られない意図も見抜いてしまいます。

「同じクラスの子供と比べて、自分は背が低い」とか、
「ほかの子より貧弱に見える」とか、
「成長の良い子にスポーツのレギュラーを持っていかれた」
といった悩みを抱えるのは何も思春期の特権的特徴ではありません。

むしろ、まだまだ身長の伸びしろや体格の成長可能性がじゅうにぶんに残されている小学校高学年の子供たちの中にも、潜在的にそんな悩みを持っているお子さんは多いのです。

Dr.Senobiru(ドクター.セノビル

身長や体格は遺伝?

身長や体格は遺伝

同じクラスや同学年の子供達に比べて自分の背が低いことを悩むお子さんにたいして、「背が低いのは家の家系だから仕方がないのよ」とか、「お父さんも中学生までは小さかったけれど、高校生になって急に大きくなったから心配しなくて良いよ」といった言葉で慰める親御さんは少なくありません。

面白いのは、科学者でもなく、医学博士でもない親御さんが、当たり前のことのように、「大きくなれない理由」や「何年かすれば必ず大きくなれる理由」を遺伝の所為にされることです。

果たして、本当にそうなのでしょうか?

DNA, つまり遺伝子には、確かに、その人の特徴を形成する基本情報が保管されています。
ここで誤解してはいけないことは、遺伝子にプログラムされている情報は、生まれる前から決められている絶対に変えることのできない宿命的なプログラム情報ではないということです。

知能にしても、体型にしても、外的要因である生活環境、生活習慣、栄養、訓練、教育などによって改善されるものであり、同時に劣化されるものでもあります。

近年になって、一般の人にも知られるようになった「肥満細胞」や 「肥満遺伝子」を遺伝的に持っているからといって、将来その子供が必ず太るわけではありません。

特に、身長や肥満、ひ弱な体型といった外観的特徴は、遺伝の影響というよりもむしろ、その家系に伝わる生活様式であったり、食生活であったり、生活習慣が継承されることによる生活環境が影響する場合が多いのです。

たとえば、精進料理のような植物タンパク質と野菜が中心の食生活をする家族に生まれて、早寝早起きの規則正しい生活習慣を守って、家の中でも常に何かしら家事を手伝う躾を受けて育った子供が標準体重を超える体型になる可能性が低いのは、その家系の遺伝子に肥満遺伝子がないからではありません。

また、たとえ小柄で運動が苦手な夫婦の間に生まれた子供であっても、ストレスの少ない大らかな環境で、成長に必要な栄養分を必要十分に含んだ食事を与えられ、早寝早起きの生活習慣を守り、定期的に身体を動かすことを継続すれば、世界の舞台で活躍するスポーツ選手になることは難しいことではありません。

現に、高身長で高技能を持った世界レベルのバスケットボール選手やバレーボール選手のご両親が全員大柄な人たちではありません。

このことだけを見ても、「遺伝=変えられない定め」ではないことがわかります。

 

近代スポーツに学ぶ「身長を伸ばす」「体を作る」効果的な方法

「身長を伸ばす」「体を作る」効果的な方法 
オリンピックを始めとして、世界で活躍するスポーツ選手を多く輩出する国となった日本でも、未だに、「背を高くする=カルシウム」、「カルシウム=牛乳、小魚」という図式を信じて疑わない人が少なくないことには驚かされます。

私立のスポーツクラブに所属しているお子さんであれば、クラブから保護者への食生活や日常生活についての指導がされますが、最初のインタビューの時に『家では毎日牛乳を飲ませていますから、カルシウムは十分補えています!』と胸を張るご両親が少なくありません。

日本が第二次世界大戦で連合国軍に降伏し、アメリカのGHQが占領軍を日本に配備した直後、確かに、アメリカからの配給であった脱脂粉乳と、日本全国で推進させた酪農事業のおかげで、多くの日本の子供たちの低タンパク状態は改善されました。

しかしながら、戦後70数年を経過した今でも、『牛乳=大きくなる』を信じて疑わない(?)敗戦トラウマ的な盲信が消え去らないのも事実です。

しかしながら、「スポーツは科学する」の言葉よろしく、人体の構造や身体機能、最新の栄養学と人体工学を基にパフォーマンスの向上を検証するアプローチなくしては、世界舞台では戦っていけい時代となって数十年が経過しています。

そうした『科学するスポーツ』である近代スポーツの発展のおかげで、子供たちの「身長を伸ばす」「逞しい身体をつくる」正しいアプローチが明らかになりました。

 

「背が高くなりたい」「強くなりたい」を叶える5つの必須項目

「背が高くなりたい」「強くなりたい」を叶える5つの必須項目
「身長を伸ばす」「逞しい身体をつくる」正しいアプローチ
① 成長に必要な栄養分を「必要十分量」毎日取り入れる
② 早寝する生活習慣を取り入れて、十分な睡眠をとらせる
③ 日光に当たる時間を生活習慣の中に取り入れる
④ ストレスの少ない生活環境で育てる
⑤ 成長を助ける運動を取り入れて筋力をつけさせる

   
① 成長に必要な栄養分「アルギニン」を「必要十分量」毎日取り入れる
身長を伸ばすためには、骨を支え筋肉を作るための良質のたんぱく質やミネラルが必要です。
中でもタンパク質を構成するアミノ酸の一種である「アルギニン」は健やかな成長に欠かせない栄養素です。

成人の身体の中ではアルギニンを生成できますが、小さなお子様や成長期のお子様の身体はまだ十分なアルギニンを生成することができません。

アルギニンの成長効果を得るためには、必要十分な量を毎日欠かさず取る必要があります。

アルギニンの必要摂取量は、育ち盛りのお子様で(体重X0.1g~0.12g)だと言われています。
つまり、体重が50kgのお子様であれば、1日に必要なアルギニンは5.0g~6.0gです。

一見少ないように思えますが、豚肉1頭分に含まれるアルギニンは1.0g~1.5gで、鶏一羽分に含まれるアルギニンも1.0g~1.5gですから、お子様の小さな胃で豚肉や鶏肉を食べるだけで摂取できる量ではありません。

「体が小さいことを悩んでいる」お子様、「身長を伸ばしたいお子様」、「スポーツクラブでレギュラーを目指す」お子様であれば特に、安心安全なサプリを使ってアルギニンを補給してあげましょう。

Dr.Senobiru(ドクター.セノビル

 
② 早寝する生活習慣を取り入れて、十分な睡眠をとらせる
「寝る子は育つ」とはよく言ったもので、夜は10時までには就寝する習慣をつけ、休日も「お昼寝」できる時間を作ってあげましょう。成長ホルモンが活発になる夜10時からの睡眠は、お子様の身体と心を健やかに育ててくれる「金の睡眠時間」です。
 
③日光に当たる時間を生活習慣の中に取り入れる
ビタミンは人間の体内では合成されないものがほとんどですが、ビタミンDだけは体内で作ることができます。
わずか15分の日光浴でカルシウムの吸収と骨への形成を助けるビタミンDが体内で作られます。皮膚の日焼け止めをしっかりして、お日様の下で過ごす時間を作りましょう。
 
④ストレスの少ない生活環境で育てる
どんなに良い栄養も、リラックスしたストレスのない生活の中で、ぐっすり眠れる健やかな環境が無くては、身体の中の滋養として有効に働いてはくれません。
健やかな成長には、まずは精神的な安定が必須条件です。
緊張しがちなお子様には、優しく語り掛けながら掌でやさしく足マッサージなどしてリラックスさせ、健やかな眠りへと導いてあげることも良いでしょう。
 
⑤成長を助ける運動を取り入れて筋力をつけさせる
健康で良質の筋肉なくしては、健康で逞しい身体は育ちません。
運動不足は肥満を招くだけでなく、お子さんの成長を妨げます。
子供は誰に言われなくても、元気な時は身体を動かし、病気になればバタリと動かなくなってしまいます。
健やかな心の育成のためにも、楽しく体を動かす機会を積極的に与えてあげてください。

また、お子さんの身長を伸ばしたいのであれば、関節が未熟な幼い頃に、関節に負荷をかけすぎる運動をさせることは避けましょう。

 

サプリメントや栄養補助食品を賢く利用する

自然の恵みである健康な土壌で育った野菜や果物、家畜などの恵みを毎日の食事に取り入れることはお子様の健康な成長に欠かせない要素です。

しかしながら、何と言っても子供たちの胃は大人ほど大きくありません。
また、現代のお母さん忙しい方が多いので、
「身長を伸ばしたい」
「大きくなりたい」
「レギュラー選手になるための強い身体が欲しい」
というお子様の願いを叶える食事を毎日作ることは簡単ではないでしょう。

身長を伸ばすことができるベストシーズンを逃さないためにも、(安全・安心・好評価)のサプリを取り入れることもご検討ください。

「身長を伸ばしたい」
「大きくなりたい」
「スポーツチームでレギュラーになれる身体を作りたい」
お子様には、日本全国の有名スポーツクラブが推奨しているDr.Senobiruがイチオシです!

効果があるからこそのリピート率98.4%商品、(Dr. Senobiru)で積極的にアルギニンを取り入れて、お子様の「なりたい自分」をサポートしてあげてくださいね。

Dr.Senobiru(ドクター.セノビル

RETURN TOP

TSUNEBOプロフィール



あくなき探求心を持つ好奇心の塊。オス。
アンテナを日々巡らし暮らしてます。

世界に誇れるニッポンの素晴らしい人物・技術・場所・グルメ・モノなどを中心に紹介しています。

まったく関係ありませんが、最近、抜け毛に悩んでます。あとポッコリお腹も少々・・・
お問合せはコチラ