真田信繁(堺雅人)真田丸の最後ラスト最終回は史実ならどうなる?

s-sanadamar

Sponsored Link


ドラマ「真田丸」が始まりますね。
主人公である、真田信繁(さなだゆきのぶ)を演じるのが堺雅人さんです。

もし、史実どおりなら今後、真田信繁(堺雅人)はどうなっていくのか調べてみました。
まったくの予備知識なしで、ドラマを楽しみたい方は、この先は読まないでください(笑)

 

NHK大河ドラマ「真田丸」

真田丸

ドラマ「真田丸」の主人公が「真田信繁(さなだゆきのぶ)」だと聞いて、?だった方も多いハズです。
それ誰?・・・

お恥ずかしながら、私もその一人でした(苦笑)
しかし「真田幸村」と聞けば誰もがご存じのはずですね。

数たる有名戦国武将の中でもトップ5に入る人気武将です。
「幸村」の方が知られていますが、「信繁」の方が正式名らしいです。

エンターテイメント的には「真田幸村」でいった方が良かったのではと私的には思っていますが・・・

 
さて、今回この「真田丸」の脚本は、あの三谷幸喜さんです。
三谷節炸裂を期待しますが、基本的には史実を曲げる事はできませんから、基本は史実どおりに描かれると予想できます。

脚色で面白そうなのは、猿飛佐助(藤井隆)らの「真田十勇士」ですね。
実在の人物ではないようなので、演出に期待です。

ちなみに「真田十勇士」は、真田信繁(堺雅人)の忠実な家臣です。
猿飛佐助(藤井隆)の他に、霧隠才蔵、三好清海入道、三好伊三入道、穴山小介、由利鎌之介、筧十蔵、海野六郎、根津甚八、望月六郎らがいます。

このうち今現在、キャストが発表されているのは猿飛佐助(藤井隆)だけです。
「真田十勇士」ぜひ登場してほしいです。

 

真田信繁(真田幸村)は史実ではこうなる!

真田信繁(堺雅人)史実

それでは真田信繁(堺雅人)を史実から見てみましょう。

真田信繁(堺雅人)は、永禄10年(1567年)に、真田昌幸(草刈正雄)の次男として生まれました。
母親は薫(高畑淳子)で、兄弟には長男の真田信幸(大泉洋)と松(木村佳乃)がいます。

実は、真田信繁(堺雅人)の生まれた地は甲府でした。
上田ではないのですね。

真田信繁(堺雅人)の若い頃は人質としての生活が多かったようです。
19歳で越後の上杉景勝(遠藤憲一)の所へ行っています。
越後では直江兼続(村上新悟)とも交流がありました。

そして父、真田昌幸(草刈正雄)が上杉家を通じ、豊臣秀吉(小日向文世)に臣従する事になり、その人質として真田信繁(堺雅人)は、大阪にも行っています。

1590年、真田信繁(堺雅人)は豊臣秀吉(小日向文世)の小田原征伐に出陣しています。その結果、北条氏政(高嶋政伸)は滅び、その功績によって真田信繁(堺雅人)は上田領の統治をする事になりました。
正確には父、真田昌幸(草刈正雄)が統治しました。

1954年、真田信繁(堺雅人)は、大谷吉継(片岡愛之助)の娘、竹林院(松岡茉優)を正室に向かえています。

後述しますが、側室には豊臣秀次(新納慎也)の娘、隆清院(岸井ゆき)、堀田作兵衛(藤本隆宏)の妹、梅(黒木華)それから、きり(長澤まさみ)がいます。
うらやましい(笑)・・・

Sponsored Link

豊臣秀吉(小日向文世)が死去し、関ヶ原の戦いでは、真田家の最大の試練が待っていました。
真田昌幸(草刈正雄)と真田信繁(堺雅人)は、石田三成(山本耕史)側につきますが、徳川家康(内野聖陽)の忠臣である本多忠勝(藤岡弘)の娘、小松姫(吉田羊)を正室に向かえていた真田信幸(大泉洋)は徳川家康(内野聖陽)側につくのです・・・

真田家は別れてしまいます。
ココは真田昌幸(草刈正雄)と真田信繁(堺雅人)、真田信幸(大泉洋)のかなりの見せ場になると思います。

 
その後、上田を襲う徳川軍を真田昌幸(草刈正雄)と真田信繁(堺雅人)は見事に撃退。この頃から真田信繁(堺雅人)の武勇も知れ渡るようになります。

関ヶ原では、石田三成(山本耕史)は敗北。
一度は徳川家康(内野聖陽)から死罪を言い渡された真田昌幸(草刈正雄)と真田信繁(堺雅人)でしたが、真田信幸(大泉洋)と本多忠勝(藤岡弘)の懸命な説得によって命を救われました。

 
真田昌幸(草刈正雄)と真田信繁(堺雅人)は、九度山に流され、そこで真田昌幸(草刈正雄)は亡くなります。

ちなみにこの九度山には、竹林院(松岡茉優)、隆清院(岸井ゆき)、きり(長澤まさみ)もいっしょです。

そして1614年、大阪冬の陣。
真田信繁(堺雅人)は九度山から脱出して再び豊臣側、北政所(鈴木京香)・豊臣秀次(新納慎也)・豊臣秀頼(中川大志)の側につきます。

そして真田信繁(堺雅人)は、見事に徳川軍を撃退!
この時の陣が「真田丸」です。
真田信繁(堺雅人)の象徴とも言われる「赤色の軍」もこの時からです。

大坂での戦には、きり(長澤まさみ)も付いていきますが、大阪城にて討死してしまいます。
ここ、きり(長澤まさみ)の最後は、真田丸のクライマックスになると思います。

そして1615年、運命の大阪夏の陣で、真田信繁(堺雅人)は善戦しながらも、最後は大坂天王区の安居神社の境内で討ち取られたと伝えられています。

ちなみに竹林院(松岡茉優)、隆清院(岸井ゆき)は、真田信繁(堺雅人)死後も生き延びています。

 

真田信繁の子供やお墓は?

真田信繁(堺雅人)

真田信繁には子供がいましたが、すべてが定かにはなっていません。

正室:大谷吉継(片岡愛之助)の娘、竹林院(松岡茉優)
女子:あくり – 蒲生郷喜室
長男:真田幸昌
女子:阿昌蒲 – 片倉定広室
女子:おかね – 石川貞清室
次男:片倉守信 – 仙台真田家初代当主

側室:豊臣秀次(新納慎也)の娘、隆清院(岸井ゆき)
三男:三好幸信
女子:なほ – 岩城宣隆室

側室:堀田作兵衛(藤本隆宏)の妹、梅(黒木華)
女子:阿菊 – 石合重定室

側室:きり(長澤まさみ)
女子:於市 – 早世
女子:阿梅 – 片倉重長後室

不詳
四男:石田之親

真田信繁(堺雅人)の嫡男は、大谷吉継(片岡愛之助)の娘、竹林院(松岡茉優)との間に生まれた真田幸昌(キャスト不明)ですが、豊臣秀頼(中川大志)が切腹の際に、同じく切腹しています。

 
真田信繁も、やはり歴史上の人物にありがちな、いたる所にお墓がある人物です。

・龍安寺塔頭大珠院(京都府京都市)
・田村家墓所(宮城県白石市)
・長国寺(長野県長野市)
・孝顕寺(福井県福井市)
・妙慶寺(秋田県由利本荘市)
・田原家私有林墓石(鹿児島県南九州市頴娃町牧ノ内の雪丸地区)
・お篭もり堂(長崎県南島原市西有家町) 
・一心院(秋田県大館市)

真田信繁も、例のごとく史実でのようには死んでいないという説が多々あります。
そのせいで、お墓も多々あるのでしょう。

ただ、魅力ある人物には、生き延びていてほしいという願望が、そうさせるのも確かだと思います。
源義経、織田信長、坂本龍馬もしかり・・・

 
真田信繁は史実では、有名になったのは48歳ぐらいからという遅咲きの武将ではありますが、ドラマでは数々の活躍エピソードが描かれるでしょう。

脚本の三谷幸喜さんのNHK大河は、香取慎吾さん主演の「新選組!」以来の2作目になります。
あの最終回も、近藤勇(香取慎吾)の斬首シーンでラストでしたから、今回の「真田丸」も真田信繁(堺雅人)の死のシーンでエンディングでしょうか?・・・

あのドラマもオリジナルキャラがいましたので、今回もそのあたりも期待ですね。
来年が楽しみです!

「真田丸」真田信繁の大阪ゆかりの地観光おすすめ3コース!の記事もあります。

Sponsored Link


  • 2015 11.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. s-6792
  2. s-ririka_web_180
  3. s-asOGTgO
  4. s-141028-1
  5. s-c94ed9b4
  6. s-mt3a9

TSUNEBOプロフィール



あくなき探求心を持つ好奇心の塊。オス。
アンテナを日々巡らし暮らしてます。

世界に誇れるニッポンの素晴らしい人物・技術・場所・グルメ・モノなどを中心に紹介しています。

まったく関係ありませんが、最近、抜け毛に悩んでます。あとポッコリお腹も少々・・・
お問合せはコチラ