荻田泰永プロフィール!北極冒険家の実績と費用や収入と会社も紹介!

s-ogita

Sponsored Link


北極冒険家の荻田泰永さんが、北極圏1000kを徒歩にて踏破しました!

この荻田泰永さんのプロフィール、北極冒険家の実績、スポンサー収入や会社も紹介します。

 

荻田泰永のプロフィール

荻田泰永のプロフィール

荻田泰永(おぎたやすなが)
1977年9月1日生まれ 神奈川県出身
神奈川県立愛川高等学校卒
神奈川工科大学中退
2000年、初の北極圏徒歩
2011年度、ファウストA.G.アワード冒険家賞受賞
2013年、「北極男」出版
北海道鷹栖町在住

 
北極男の異名で知られる北極冒険家の荻田泰永さんは、なんと今年で14回目の北極冒険を果たしました。

その中でも荻田泰永さんは、北極点無補給単独徒歩に2度挑戦しています。
残念ながら、2度とも途中で断念していますが、今年世界初となるカナダ最北の村グリスフィヨルドと、グリーンランド最北の村シオラパルクを繋ぐ1000kの徒歩踏破に成功しています。

48日間の単独徒歩です。
恐ろしい・・・

これまでの荻田泰永さんの冒険実績です。

2000年 「北磁極を目指す冒険ウォーク2000」により、レゾリュートからの北磁極までの700km徒歩行
2001年 カナダ北極圏レゾリュート滞在トレーニング
2002年 レゾリュート〜グリスフィヨルド(カナダ最北集落)までの500km単独徒歩行
2003年 カナダ北極圏ビクトリア島徒歩行
2003年夏 ビクトリア島ツンドラトレック
2004年 グリーンランド犬ぞり縦断行、シオラパルク〜アンマサリク2000km
2006年 カナダ北極圏ケンブリッジベイ偵察行
2007年 レゾリュート〜ケンブリッジベイ1000km単独徒歩行(500km地点にて火傷により断念)
2008年 夏のツンドラトレック
2010年 レゾリュート〜北磁極700km無補給単独徒歩行
2011年 レゾリュート〜ジョアヘブン (Gjoa Haven) 〜ベイカーレイク (Baker Lake) 1600km徒歩行
2012年 北極点無補給単独徒歩に挑戦(途中断念)
2014年 北極点無補給単独徒歩に挑戦(途中断念)
2016年 グリスフィヨルド~シオラパルク徒歩1000k

Sponsored Link


これらの冒険本も出版しています。
荻田泰永さんの北極の本

なぜ何度も北極なのか?と言う質問に対して

海外で北極以外の場所に行ったことがない。
知らないトコロじゃ怖い。
土地勘があるのが北極しかなかったから。

と答えています。
タダ者じゃありません。笑

 

荻田泰永の北極冒険あるある

荻田泰永の北極冒険

それでは驚愕の荻田泰永さんの北極冒険の内容も紹介しますね。
なんてったって北極冒険歴15年!歩いた距離は8000k超えですからね!

北極点への冒険は陸地ではなく海に張った氷の上。
しかも普通は道中でチャーター機での物資の補給を受けるのですが、荻田泰永さんの場合それはなし!
完全に無補給単独徒歩なのです。

ちなみにこの快挙を成し遂げたのは世界でただひとりだけです。
荻田泰永さんは日本人初、世界2番目を目指しているのです。

・無補給なのでソリの重量が120kgもある
・スタートした時が一番重く、進む距離は1時間で300m
・食料が日に日に減るので後半ほど軽くなって早くなる
・ホッキョクグマやオオカミに襲われる危険性
・北極点には何もないので、GPSで確認しないとわからない
・目印の無い氷の上で、コンパスは効かない
・時間と太陽の方向で進行方向を割り出す
・1日の摂取カロリーは5000カロリー(平均の倍以上)
・出発前に8キロほど体に脂肪を付けていく
・帰国後は15キロは痩せる
・氷が割れていると渡れないので迂回する
・氷は動くので戻されることもある
・何かあっても助けがくるのが2日後

冒険が楽しいんですか?の質問には、

楽しくはないですね。
ずっと帰りたいと思っています。

恐ろしい・・・

Sponsored Link





 

荻田泰永のスポンサー収入と会社

荻田泰永の収入と会社

これほどまでの冒険ですから、当然莫大な費用がかかります。
北極点冒険で約3000万円!

一番かかるのは飛行機のチャーター料です。
約7割ほどがこの費用に消えていきます・・・

今回、もともと挑戦したかった「北極点無補給単独徒歩」から「グリスフィヨルド~シオラパルク1000k徒歩」に変更した理由もこの件が大きいのです。

「グリスフィヨルド~シオラパルク1000k徒歩」であれば、北極点挑戦のようにチャーター機を使う事なく、普通のフライトで実行できるので、北極点ほどの資金は必要ないのです。
大人の事情だったんですね。

 
この費用は荻田泰永さん自身の稼ぎと、スポンサーからの資金によって賄います。
初期の頃は荻田泰永さんはまだまだ無名でしたから、大変でしたが、今では知名度も上がり、スポンサーも付きやすくなったようです。笑

荻田泰永さんも出版や講演の収入が増えました。
昔はガソリンスタンドやホテルのルームサービスをやって稼いでいたこともあるそうです。

今では荻田泰永さん講演等は、15万円ほどの料金でやっていますし、なによりも荻田泰永さんの会社として2016年7月20日から独立しています。
荻田泰永北極点事務局といいます。

今後は北極圏における、現地の環境試料のサンプル採取など、専門的分野の共同研究もしています。
気象観測装置・降雪サンプル・海氷上の積雪の調査など単なる冒険だけでなく、目的も多岐にわたってきています。

研究者がそうたやすく北極圏には行けませんからね。
荻田泰永さんのような存在は、貴重なはずですよ。笑

北極圏の貴重な映像なども、十分にビジネスになります。
機材も進化していますから、荻田泰永さんへのこういった依頼は増えていくでしょう。

 
また、北極圏に限らず、日本国内での子供向けの「歩き旅」も定期的に開催しています。
ちなみに10日間160kの歩き旅です!
参加費は約10万円です。

今度はどんな冒険ニチャレンジするのか期待される荻田泰永さん。
個人的には2度失敗している「北極点」でしょうね。

がんばれ!荻田泰永!!

冒険野郎リヤカーマン、永瀬忠志さんの記事もあります。
 

Sponsored Link


  • 2016 07.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. s-130742080082116208209_cbctv5
  2. 20120719_yasuda_30
  3. s-yoshimurayoshio
  4. s-20140916-OHT1I50014-1
  5. s-IMG_23192
  6. s-5848350369_c617f872a6_z

TSUNEBOプロフィール



あくなき探求心を持つ好奇心の塊。オス。
アンテナを日々巡らし暮らしてます。

世界に誇れるニッポンの素晴らしい人物・技術・場所・グルメ・モノなどを中心に紹介しています。

まったく関係ありませんが、最近、抜け毛に悩んでます。あとポッコリお腹も少々・・・
お問合せはコチラ