映画「信長協奏曲」最後のネタバレ予想と登場人物おさらい!

s-BvrtNFDCEAA-CEB

Sponsored Link


ドラマ「信長協奏曲」終わってしまいましたね。
さて予定通り、映画「信長協奏曲」につながるワケですが、そのあたりの最後のネタバレ予想をしようと思います。

映画の前に登場人物のおさらいもしておきましょう。

 

映画「信長協奏曲」公開までの展開は?

映画「信長協奏曲」はどうなる?

ドラマのラストで映画「信長協奏曲」の公開が2015年の12月と発表されました・・・
2016年1月23日(土)全国東宝系ロードショーが決定しました!
ずいぶん先ですね。約1年間・・・

フジテレビのビジネス的な展開としては、映画「信長協奏曲」公開は、せいぜい春までがベストです。
あんまり先だと、せっかく熱した視聴者が覚めてしまいます。
興行的にも、あまりよろしくありません。

おそらく、主役級の出演者揃いですから、各俳優のスケジュールの関係でやもうえないのでしょう。

それでも、1年待たせて映画公開では、興行収入にも影響します。
ドラマの内容忘れちゃうし・・・
それまで持たせるためには・・・

各役のスピンオフドラマか、TV2時間スペシャル版なんかを間に挟むのではないでしょうか?
池田恒興(向井理)や羽柴秀吉(山田孝之)が主役のスピンオフとか、武田氏との戦いの「長篠の戦い」を描いた2時間ドラマとか・・・

とにかく映画公開までは、間を持たせないとですね。

 

ドラマ「信長協奏曲」の最終回

ドラマ「信長協奏曲」の最終回

まずドラマの「信長協奏曲」の最終回ですが、ショックだったのは、竹中半兵衛(藤木直人)が斬られてしまった事。

史実では、竹中半兵衛(藤木直人)は、豊臣秀吉(山田孝之)が天下統一を果たす少し前に病死するのです。
明智光秀(小栗旬)に斬られては亡くなりません。

もしかしたら、斬られたけど、竹中半兵衛(藤木直人)生きている。のもアリかもしれませんね。

ちなみに史実では、最終的に竹中半兵衛(藤木直人)は、豊臣秀吉(山田孝之)の家臣になります。
明智光秀(小栗旬)に斬られたけど、羽柴秀吉(山田孝之)に命は助けられてなんて・・・

しかし、あの終わり方は、不完全燃焼すぎて、クレームがあるんじゃと思います(笑)
すぐに映画公開なら、それでもいいかもしれませんが。

ただ、方向性としてわかった事は、
池田恒興(向井理)は、これまでどおり織田信長(小栗旬)の忠臣であること
羽柴秀吉(山田孝之)と明智光秀(小栗旬)は、裏で歴史を操ること、ですね。

しかし、サブローの日本史の教科書は、まったく役に立っていませんね(笑)

ドラマの復習をしておきたい方はDVDBOXが出てます。
信長協奏曲 DVD-BOX
 

Sponsored Link

 

映画「信長協奏曲」のネタバレ予想!

映画「信長協奏曲」最後のネタバレ予想!

映画「信長協奏曲」のクライマックスは当然、本能寺の変ですが、どちらの織田信長が討たれるのかが最大の焦点ですね。

羽柴秀吉(山田孝之)が憎んでいるのは、自分の家族を襲った本物の織田信長(現在の明智光秀)であり、サブローにはまったく恨みはありません。

討たれるのは、本物の織田信長(現在の明智光秀)かと思います。
羽柴秀吉(山田孝之)は、そうなるべく暗躍しているのです。

そして、亡くなったと思っていた竹中半兵衛(藤木直人)が生きていて重要な役割を果たすのでは?
 
もうひとつの注目は、サブローは現代に戻れるのか?ですね。

コレは原作であるマンガの「信長協奏曲」がまだ連載中であるため、微妙ですね。
映画公開の来年12月までに原作マンガがどれくらいまで進んでいるかで多少変わると思います。

マンガとは違ったラストにするのか・・・
すでにマンガとドラマで少々違っていましたから、別物として楽しんだほうが良いのかもしれません。

仮に現代にサブローが戻っても、身近な所に家臣達が現代人として現れそうな気がします。

池田恒興(向井理)は同級生、竹中半兵衛(藤木直人)は先生、帰蝶(柴咲コウ)は彼女、柴田勝家(高嶋政宏)は道路工事の人、なんて・・・

 
個人的には、楽しみがもうひとつあります。
織田信長(小栗旬)と帰蝶(柴咲コウ)の子供です。
史実では織田信長(小栗旬)の子供は10人以上いたハズです・・・

お市(水原希子)はドラマで、いつの間にか子供3人も生んでますから、そろそろ帰蝶(柴咲コウ)にもおかしくありません(笑)

でも、もしそうなるとサブローは現代に戻る可能性が格段に減ります。
なぜなら、愛する妻である帰蝶(柴咲コウ)と子供をおいて現代には戻れないと思うからです。
サブローの性格上まずムリですね。

こうなれば、この時代で生涯を全うすると腹をくくるしかありません。
勝手な予想を書きましたが、どうなるか楽しみです。

PS.追記
映画「信長協奏曲」の最新情報では、映画のストーリーと動画が公開されています。
ストーリーは、

安土城の完成と天下統一を目前にしたサブローは、ふと手にした教科書で、織田信長は間もなく死ぬ運命にあることを知る。その運命に戸惑い、苦悩するサブローだったが、帰蝶や家臣たちの力強い支えのもと、運命に抗い、この時代で生き抜くことを誓うのだった。

そして、愛する帰蝶との結婚式を計画するサブロー。
場所は京都・本能寺―。

時を同じくして、サブローの周りでは不穏な企てが水面下で動き出していた。
周囲から愛されるサブローに嫉妬心を抱く光秀。
積年の恨みを持ち、信長暗殺の機を伺う秀吉。

果たしてサブローは織田信長の歴史を変え、彼の望む平和な国を築くことができるのか!?
1582年、本能寺で彼を待ち受けるものとは―!?

公開が楽しみです。

それでは今一度、登場人物のおさらいをしましょう。

Sponsored Link




池田恒興(いけだつねおき)は史実ではこうなる!

池田恒興(向井理)信長協奏曲

1534年に信長(小栗旬)が生まれます。
この時の乳母が、後の池田恒興(向井理)の母、養徳院です。

その後、養徳院は、1536年に、池田恒興(向井理)を生みます。
信長(小栗旬)の方が、池田恒興(向井理)より2歳年上です。

養徳院は、池田恒興(向井理)を産んだ後、信長(小栗旬)の父、織田信秀と再婚して側室になります。
ですから、池田恒興(向井理)と信長(小栗旬)は義理の兄弟になります。

池田恒興(向井理)は、10歳のころから、信長(小栗旬)に仕えているのです。
仲がいいわけです。

 
池田恒興(向井理)は、この先幾度も戦に出陣しますが、死にません。
向井理ファンは安心していいです(笑)

先に信長(小栗旬)の方が、本能寺の変にて明智光秀(小栗旬、二役)に討たれてしまいます。

ドラマでは、信長(小栗旬)が討たれた後は、描かれないと思いますが、池田恒興(向井理)は、1584年の長久手の戦いにて討死します。

けっこう長生きだった武将なのですね。

 
余談ですが、信長(小栗旬)の弟、信行(柳楽優弥)は、史実では、池田恒興(向井理)に暗殺されます。
そして、信行(柳楽優弥)の妻を、池田恒興(向井理)の正室にしてしまうのです。

なんと複雑な関係なのだろう・・・・

 

前田犬千代は史実ではこうなる!

犬千代(藤ヶ谷太輔)信長協奏曲

「犬千代」という名前は聞きなれませんが「前田利家」ならご存知の方も多いハズです。NHK大河ドラマにもなったことがある、有名な戦国武将、大名です。
この前田利家の幼名が犬千代なのです。

1538年に犬千代(藤ヶ谷太輔)が生まれます。
1551年に織田信長(小栗旬)に仕えます。この時13歳。

若い頃の犬千代(藤ヶ谷太輔)は、短気で喧嘩早く、派手な格好をした歌舞伎者だったそうですが、ドラマでは今後どう描かれるか楽しみです。

1560年に桶狭間の戦いで、3つの大将首を取ります。
この頃には、その豪傑ぶりから「槍の又左」という異名が付きました。

史実では桶狭間の前に前田犬千代から、前田又左衞門利家に名が変わるのですが、おそらくドラマでは、ずっと犬千代で行きそうですね。
 
犬千代(藤ヶ谷太輔)は、この先、幾度も戦に出陣しますが、死にません。
逆に多大な功績を上げて、どんどん出世していきます。
藤ヶ谷太輔ファンは安心していいです(笑)

先に信長(小栗旬)の方が、本能寺の変にて明智光秀(小栗旬、二役)に討たれてしまいます。

ドラマでは、信長(小栗旬)が討たれた後は、描かれないと思いますが、犬千代(藤ヶ谷太輔)は、加賀藩百万石の礎を築き、戦ではなく病気で亡くなります。

けっこう長生きな武将だったのです。
信長(小栗旬)や豊臣秀吉(山田孝之)の死後、唯一徳川家康(濱田岳)に対抗できる存在でした。
 
犬千代(藤ヶ谷太輔)は豪傑な武将でしたから、ドラマでも戦のシーンで大活躍するかもしれませんよ。

ちなみに史実では、小姓時代から犬千代(藤ヶ谷太輔)は、信長(小栗旬)から寵愛を受け、同性愛の相手も務めていたことが記されています・・・・

Sponsored Link




お市は史実ではこうなる!

お市(水原希子)信長協奏曲

1547年にお市(水原希子)が生まれます。
織田信長(小栗旬)は1534年生まれですから、13歳差の兄妹ですね。

1567年に近江国(現在の滋賀県)の浅井長政(高橋一生)に嫁ぎます。
この結婚は、織田家と浅井家の同盟のしるしでもありました。

しかし、1570年、織田信長(小栗旬)が浅井氏と友好の深い越前国(福井県)の朝倉義景を攻めたため、浅井家と織田家の同盟はなくなってしまいます。

そして、1573年に織田信長(小栗旬)に、浅井長政(高橋一生)は滅ぼされてしまいます。

結果として、お市(水原希子)は、三人の娘、茶々・初・江と共に織田家へ戻ることになります。
織田信長(小栗旬)が生きている間に、お市(水原希子)が亡くなってしまう事はありません。
 
ドラマでは、お市(水原希子)と池田恒興(向井理)が、怪しい関係のように描かれますが、史実では二人はそういうつながりはありません。

それより、史実では、織田信長(小栗旬)の死後、お市(水原希子)は、なんと柴田勝家(高嶋政宏)と再婚するのです!!

ドラマでは、信長(小栗旬)が討たれた後は、描かれないと思いますが、水原希子ファンは複雑・・・(笑)
 
お市(水原希子)の最期は、自害です。
夫の柴田勝家(高嶋政宏)が木下藤吉郎(山田孝之)との戦いで敗れ、柴田勝家(高嶋政宏)と共にお市(水原希子)は自害してしまうのです。

戦国時代に振り回された悲運の人とも言えますが、前述した三人の娘は、茶々(豊臣秀吉側室)・初(京極高次正室)・江(徳川秀忠継室)となり、織田家の血筋を代々つないでいく、大きな役割をはたすことになります。

 

竹中半兵衛は史実ではこうなる!

竹中半兵衛(藤木直人)信長協奏曲

1544年に、竹中半兵衛(藤木直人)が生まれます。
最初は、斎藤道三(西田敏行)の息子、斎藤義龍(新井浩文)に仕えます。

斎藤義龍(新井浩文)が死去した後に、斎藤義龍(新井浩文)の息子、斎藤義興(間宮祥太郎)に仕えます。

この間、竹中半兵衛(藤木直人)は見事に織田信長(小栗旬)の攻撃を退けています。さすが天才軍師です。

しかし、主君、斎藤義興(間宮祥太郎)と上手くいかなくなり、斎藤家を去り、一時期、浅井長政(高橋一生)の客分となりますが、結局隠棲してしまいます。

織田信長(小栗旬)は、斎藤義興(間宮祥太郎)を滅ぼしたのち、竹中半兵衛(藤木直人)を自分の家臣として登用します。
竹中半兵衛(藤木直人)の実力を目の当たりにしていましたからね。

この時、豊臣秀吉(山田孝之)に勧誘を命じ、「三顧の礼」で竹中半兵衛(藤木直人)を誘い仕官させています。

ココから、ようやく織田信長(小栗旬)と行動を共にするのです。
ドラマと史実では、ちょっと違いますね。
 
そして数々の功績を上げ、織田信長(小栗旬)直臣から豊臣秀吉(山田孝之)の与力へと転じました。

結局のところ、織田信長(小栗旬)が生きている間に、竹中半兵衛(藤木直人)が亡くなるコトはありません。
藤木直人ファンのみなさん、安心してください。

竹中半兵衛(藤木直人)の最期は、1579年に病気で亡くなります。
豊臣秀吉(山田孝之)が天下統一を達成する前で、36歳でした。

竹中半兵衛(藤木直人)は、主君が次々と変わってしまい、少々可哀想な軍師だったと思います。
 
余談ですが、竹中半兵衛(藤木直人)の子孫に当たる芸能人がいます。
狂言師、和泉元彌の母である、和泉節子さんです。

驚きました・・・
 
※ 他にもネタバレネタありますよ。

Sponsored Link


  • 2014 12.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. s-pc028332
  2. s-fb_angel02
  3. s-safe_image
  4. s-2012_07_30_6361
  5. s-akiyama
  6. s-274

TSUNEBOプロフィール



あくなき探求心を持つ好奇心の塊。オス。
アンテナを日々巡らし暮らしてます。

世界に誇れるニッポンの素晴らしい人物・技術・場所・グルメ・モノなどを中心に紹介しています。

まったく関係ありませんが、最近、抜け毛に悩んでます。あとポッコリお腹も少々・・・
お問合せはコチラ