村井俊治の地震予知がスゴイ!危険地域は?プロフィールも紹介!

s-7.85.2.9.2

Sponsored Link


村井俊治(むらいしゅんじ)さんは、土木工学博士、、東京大学名誉教授です。
最近では地震予知の権威として話題になっています。

そんな、村井俊治さんの地震予知や危険地域について、プロフィールも紹介します。

 

村井俊治プロフィール

村井俊治

村井俊治(むらいしゅんじ)
1939年9月19日生まれ 東京都出身
1963年東京大学工学部土木工学科卒
1971年東京大学生産技術研究所助教授 1983年教授
2000年定年退職、名誉教授
日本測量協会会長

 
村井俊治さんは、もともとの専門は測量、空間情報工学です。
退職後、ひょんなことから地震予知に興味を持ち始めて研究を続けています。

その的中率は、マスコミが騒いでいるとおりの、素晴しいモノで、その地震予知の技術はかなり期待されていますね。

まず、村井俊治さんの信頼できる所は、れっきとした東大の教授であることです。
オカルト的な、地震予知をする輩とは、まったく別なのです。

そもそも東大教授だという時点で、なぜか信用があります。
東大ブランドはダテじゃありません。

しかし、あくまでも地震予知は、興味・研究の対象としてのモノだったそうですが、当たりすぎちゃって公表したほうがいい。と考えたそうです。
当たるなら、みんなにメリットがありますから、積極的に発表してほしいですよね。

ちなみに、3.11の地震にも大きな予兆があったそうです・・・

 

村井俊治さんの地震予知方法

村井俊治さんの地震予知方法は、簡単に言うと日本全国にあるGNSS(地殻変動を観測する基準点)の変動から読み取る科学的なモノです。
2013年9月に特許出願しています。

わかりやすい、村井俊治さんの地震予知の仕組みの動画がありますので、ごらんください。

眉唾モノのオカルトではない事が、わかると思います。

Sponsored Link

あの3.11依頼、地震には非常に敏感になった日本人。
私がこの記事を書こうと思ったのも、先日の長野県白馬の地震がきっかけでした。

身内がいるので、他人事ではなく地震について調べてみたら・・・・
この村井俊治さんが、事前に予測していたのを知ったのです。
2か月半も前に・・・

この地震だけでなく、震度5以上の地震を、見事に村井俊治さんは予知しています。
(あえてココでは、予想ではなく予知と呼びます)

もちろん、100%の予知は不可能にしても前もっての心構えとして助けになりますね。
地震を避ける事はできませんが、地震が起こった時の為の対策ならとれますから。

 

今後の危ない地域は?

村井俊治 地震予知

村井俊治さんの地震予知情報によると、今後大きな地震が起きそうなのは、
(1)飛騨・甲信越・北関東
(2)首都圏・東海
(3)南海・東南海
(4)九州・南西諸島 だそうです。

地震は、一般に前兆現象が観測されてから1カ月以内に起きるケースが多いそうですが、巨大地震ともなると、6カ月ほど前から前兆現象が現れるそうです。

異常変動が見られる地域では、まず周辺で震度2~4の地震が発生し、その後に震度5~6の地震が起きる場合が多い。
これらの地域で小規模の地震が継続する場合には、より大規模の地震に注意する必要がある

最近、細かな地震が多いと思いませんか?
先日も、岐阜、福島などで震度3程度の地震がありましたね・・・

我々は準備・対策が各家庭ごとに必要です。
今後、村井俊治さんの地震予知が更なる精度になる事を期待したいです。

村井俊治さんの最新の地震予知情報は、メルマガにて入手可能です。
月210円と有料ですが・・・

ぜひ、無料にしてください!

Sponsored Link


  • 2014 12.04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. s-70-731fd
  2. s-morita-main01
  3. s-IMG_23192
  4. s-564fc_s
  5. s-a831b1d6aa
  6. s-5848350369_c617f872a6_z

TSUNEBOプロフィール



あくなき探求心を持つ好奇心の塊。オス。
アンテナを日々巡らし暮らしてます。

世界に誇れるニッポンの素晴らしい人物・技術・場所・グルメ・モノなどを中心に紹介しています。

まったく関係ありませんが、最近、抜け毛に悩んでます。あとポッコリお腹も少々・・・
お問合せはコチラ