映画「ジョーカーゲーム」ネタバレ!最後のラストはこうなる!

s-safe_image

Sponsored Link


映画「ジョーカーゲーム」を鑑賞してきました。

これから、映画「ジョーカーゲーム」観ようと思っている方、完全スルーしようと思っている方、これから先はネタバレがありますし、個人的感想もありますので気を付けてください。
映画「ジョーカーゲーム」ネタバレ、最後のラストを紹介します。

 

映画「ジョーカーゲーム」ネタバレ

映画「ジョーカーゲーム」

映画「ジョーカーゲーム」のあらすじは、諜報組織「D機関」の諜報員、嘉藤次郎(亀梨和也)がある兵器の設計図(ブラックノート)を奪うという話です。

結城大佐(伊勢谷友介)は「D機関」の設立者であり、責任者で、嘉藤次郎(亀梨和也)に任務を与えますが、映画の中での見所はほとんどありません。

上官との丁々発止ぐらいで活躍しないのですよ。結城大佐(伊勢谷友介)は・・・

 
このブラックノートをアメリカ大使のグラハムという人物が持っている事を掴み、写真店店主として嘉藤次郎(亀梨和也)がグラハムに近づきます。
そのアメリカ大使館のメイドが、リン(深田恭子)です。

映画「ジョーカーゲーム」リン(深田恭子)

そう、あなたの予想通り、リン(深田恭子)もブラックノートを狙っているひとり。
嘉藤次郎(亀梨和也)がせっかく奪ったブラックノートを横取りしようとして、まるでルパン三世の峰不二子です(笑)

結局、嘉藤次郎(亀梨和也)は、敵に捕まってしまったリン(深田恭子)を救おうとして自分も捕まってしまいます。

嘉藤次郎(亀梨和也)は、リン(深田恭子)と共に拷問を受けますが、嘉藤次郎(亀梨和也)が二重スパイになる事を敵に提案し、命は助かります。

そして、二重スパイになった証拠として偽の暗号文を日本に流すのです。
この偽の暗号文は、日本を混乱に陥れる内容のモノでした。

しかし実は、この偽の暗号文こそが、「D機関」へのSOSで、ほどなく仲間が嘉藤次郎(亀梨和也)とリン(深田恭子)を助けに来ます。

この、偽の暗号文の説明は、嘉藤次郎(亀梨和也)が「D機関」での教育を受けていた時の回顧シーンで説明されますが、正直後付けならどうにでもできる事で、事前に伏線があったワケではありません。

平常時の暗号文は誤字脱字をわざと入れて打つ、SOS時には誤字脱字なく正確に打つ、という決まりだった。と後から解説されるのです。

そして、敵に捕まった時は、二重スパイを提案しろとも教育を受けていました。

後付けの説明で、まったくビックリ感なし・・・

Sponsored Link




また、三好(小出恵介)が映画の序盤で早々に「D機関」からリタイアするのですが、小出恵介ほどのキャストです、このまま消えるワケがありません、絶対後半登場するだろうな。と思ってたら案の定でした(笑)

映画「ジョーカーゲーム」ネタバレ 三好(小出恵介)

SOSを受けて嘉藤次郎(亀梨和也)とリン(深田恭子)を助けに来るのが三好(小出恵介)なのです。

またブラックノート奪還作戦には、嘉藤次郎(亀梨和也)の他にも小田切(山本浩司)と実井(渋川清彦)という「D機関」の同僚スパイもいるのですが、まったく活躍しません(笑)

映画の中盤で小田切(山本浩司)と実井(渋川清彦)の乗った車が爆破されて、死んだかと思わせますが、最後は三好(小出恵介)と共に嘉藤次郎(亀梨和也)とリン(深田恭子)を助けに来るのです。

「あっ、生きてたの?」くらいで驚きすらありません。
だいたいまったく活躍してませんし、キャラも深く描かれてませんから、このふたりに感情移入すらできません・・・

 
この映画「ジョーカーゲーム」は、嘉藤次郎(亀梨和也)とリン(深田恭子)のアクション映画ですね。

ほぼ他の日本人キャストは活躍しませんし、見所、存在感を放つキャラもいません・・・

ラストは、脱出成功して、嘉藤次郎(亀梨和也)とリン(深田恭子)、三好(小出恵介)、小田切(山本浩司)、実井(渋川清彦)の5人で車で逃走しますが、途中でリン(深田恭子)がおいしい所を持ってトンズラします。

残された「D機関」の嘉藤次郎(亀梨和也)、三好(小出恵介)、小田切(山本浩司)、実井(渋川清彦)がリン(深田恭子)に「やられたな」みたいな感じです。

それでいいのか?D機関!!(大笑)

・・・・で、場面が変わり、それぞれ次の任務の指令を与えられて解散、終わりです。THE END。
続編が十分できる終わり方でした。

Sponsored Link

 

映画「ジョーカーゲーム」感想

映画「ジョーカーゲーム」

普通なら私は、この映画「ジョーカーゲーム」はスルーする映画でした。
しかし、アンジャッシュ渡部さんの「まれに見る面白い映画」というコメントにつられて観てきました。

結論から言うと期待ハズレでした・・・
「誰が敵で、誰が味方か?極限のスパイゲームが今、始まる」
というキャッチコピー・・・

どんでん返しが繰り返される映画かと思ってましたが、そんな事もなくストレートにエンディングまで行きましたね。

騙し騙されなんて、どこにもありませんでした。
残念・・・

私、アンジャッシュ渡部さんと映画のマーケティングにやられました(笑)

 
私は原作は読んでいませんが、なんとなく先が読めてしまい
「そういうことだったのか」的なモノはありませんでした。

しかし、テンポは良く、あっという間に終わった感じです。
失礼ながら主演を亀梨和也さんではなく、西島秀俊、金城武さん、あたりだったらもっと深みが増したかも知れません。

活躍するのは、亀梨和也と深田恭子のみ・・・
ですから他のキャラ像がまったく描かれていないので、感情移入すらできません。

魅力的、個性的な登場人物がいないのです。
悪役も中途半端・・・

しかし逆に亀梨和也くんファンには堪らない映画でしょう。
彼だけが際立っています。
アクションもたいしたものです。

映画「ジョーカーゲーム」亀梨和也

驚いたのは、映画のエンドロールです。
製作のスタッフに藤島ジュリーK. のクレジットが・・・

藤島ジュリーK. と言えば、藤島ジュリー景子。
ジャニーズ事務所の次期社長と言われている人物です。

叔父はジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川、母はジャニーズ事務所副社長のメリー喜多川さんですね。

これでハッキリしました。
この映画「ジョーカーゲーム」はジャニーズが手を入れている映画です。
亀梨和也オンリーなわけです。

ジャニーズファン、亀梨和也ファンには絶好の映画でおすすめです。
かっこよく撮れていますよ、亀梨和也くん。
ジョーカー・ゲーム(Blu-ray)
ジョーカーゲーム アニメ版
 
 
※ 他にもネタバレネタありますよ。

Sponsored Link


  • 2015 02.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. s-news_xlarge__MG_7466
  2. s-b970d-800wi
  3. s-pc028332
  4. s-img_3
  5. s-cwijccavuaaaw7k
  6. s-chiba

TSUNEBOプロフィール



あくなき探求心を持つ好奇心の塊。オス。
アンテナを日々巡らし暮らしてます。

世界に誇れるニッポンの素晴らしい人物・技術・場所・グルメ・モノなどを中心に紹介しています。

まったく関係ありませんが、最近、抜け毛に悩んでます。あとポッコリお腹も少々・・・
お問合せはコチラ