IQ246ネタバレ!黒幕犯人Mを暴露!最終回最後ラスト結末は?

s-iq246

Sponsored Link


ドラマ「IQ246〜華麗なる事件簿〜」が始りましたね。
この「IQ246〜華麗なる事件簿〜」には原作はないのですが、みなさんの知りたいIQ246ネタバレについて、黒幕犯人Mの正体が誰なのか?
最終回最後ラスト結末を紹介します。

純粋にドラマ「IQ246〜華麗なる事件簿〜」を楽しみたい方は、以下スルーしてください。

 

「IQ246〜華麗なる事件簿〜」ネタバレ

「IQ246〜華麗なる事件簿〜」ネタバレ

今まで数々のドラマネタバレを言い当ててきた私・・・
これまでにも、
エンジェル・ハート
コウノドリ
探偵の探偵
信長協奏曲 などなど数知れず(当たってたか?^^;)

今回もズバリ、IQ246の黒幕犯人Mの正体が誰なのか、最終回最後ラスト結末を当てましょう。

 
まず放送前に分かっている事は、原作が無い事。
1話完結になっている事です。

ただし、1話で出てきたように全編を通して犯罪者を操るのはMという人物です。
1話完結ながら、法門寺 沙羅駆(織田裕二)が、このMの正体を掴み、暴くことが最終回へ向けてのラスト結末になります。

1話づつ犯人を捕まえながら、黒幕の犯人であるMに近づいていくストーリーですね。

ですから、Mとこれから沙羅駆(織田裕二)に捕まっていく犯人達は、なんらかのつながりがあることになります。

その共通点も、黒幕犯人M逮捕への突破口になるでしょう。

 
ドラマの内容としては、なかなか小ネタが散りばめられていてニヤッとするところがありましたね。

例えば、織田裕二演じる、法門寺 沙羅駆ですが、これはどうも名探偵シャーロックホームズをかけているよう。
法門寺 沙羅駆(ほうもんじしゃらく)= シャーロックホームズ
そして土屋太鳳演じる和藤奏子(わとうそうこ)= ワトソン
さらにMはシャーロックホームズで言うところのライバル、モリアーティ教授・・・

第一話で和藤奏子(土屋太鳳)がつぶやくセリフ
「振り返れば奴がいない・・・」は、織田裕二と犯人役の石黒賢が共演していたドラマ名をもじったもの。

法門寺家のメイドの名前が「淀」と「寧々」で、これは豊臣秀吉に関係している歴史上の人物です。
さらに捜査一課の課長が豊臣英吉という名前^^

監察医の森本 朋美(中谷美紀)のアシスタントの名前が、これまた歴史上の人物、足利尊氏・・・

まだ現段階では1話のみですが、この傾向は最終話まで続くのでしょう。

 

黒幕犯人Mの正体は?

IQ246の最終回最後ラスト結末

こういったドラマのストーリー展開は二通りしかありません。

1. 犯人は、ドラマの序盤からすでに登場している
2. 犯人は、ストーリーが進んでから登場する

1の場合は、かなり身近な登場人物でアッと言わせるパターンです。
2の場合は、ドラマの終盤あたりで、名脇役などの準有名俳優さんが登場すれば、この人が怪しいです。

 
今回のドラマ「IQ246〜華麗なる事件簿〜」では、1のパターンが使われます!

えっ!まさか賢正(ディーンフジオカ)がM?・・・違います。
黒幕が似合いそうな賢丈(寺島進)、警視総監の棚田(篠井英介)?・・・違います。

監察医の森本 朋美(中谷美紀)です!
そういえばドラマの中でも「ドM」と言われてました・・・
 

Sponsored Link

いろいろなサイトでは、沙羅駆(織田裕二)と森本(中谷美紀)との恋の行方なんかが期待されていますが、それは大間違いです。

森本(中谷美紀)が惚れているのは、沙羅駆(織田裕二)の人間性ではなく、彼の「脳細胞」なのです。

監察室にたくさんあった赤い缶、見ました?
缶には「脳」と書いてありました。
きっと脳みそです・・・

今は少し変わったキャラで、ちょっと笑えるような監察医に演出されていますが、実はマジなサイコなのです。
ここからMへと正体が暴かれる過程は、かなりショッキングなものになるでしょう。

かなり怖い森本(中谷美紀)が見られると思います。

ただ難点は、森本の頭文字がMという安易さです。
そしてMの後ろ姿として写るショートカットの髪型。
そんな簡単でいいのか?・・・

ココをミスリードさせておいて、大どんでんの別人がMでした。という線もわずかながらにあるかもしれません。

 
どちらにしても、第一話でスマホからメールを送信するMらしき人物の指が映し出されましたが、赤のネイルをした女性の指でした。

1でも2でも黒幕の犯人Mは女性であることは間違いないでしょう。
となると法門寺 瞳(新川優愛)も考えられますが、それではいまひとつインパクトに欠けますね。

ただ13(M)という数字は「瞳(ひとみ)」とも読めます・・・

 

IQ246の最終回最後ラスト結末

IQ246の黒幕犯人Mの正体

早乙女(石黒賢)や前川公平(佐藤隆太)のような犯人を各話で捕まえ、見えてくる犯人達の共通点。
そして森本(中谷美紀)が浮かびあがってくる。

少し変わったキャラで、ちょっと笑えるような監察医の森本(中谷美紀)の狂気が次第に暴かれていくわけです。

もともと森本(中谷美紀)も、かなりの頭脳派でおそらくIQも沙羅駆(織田裕二)並でしょう。
自分並の頭脳を持つ沙羅駆(織田裕二)に興味を持つことは実に自然で、ふたりの頭脳対決という筋書きですね。

気になったのは1話の終盤で、沙羅駆(織田裕二)の部屋の書棚にMと書かれたファイルがあった事です。
もっと前から沙羅駆(織田裕二)とMにはつながりがあるのかもしれません。

お互い正体は知らないが、その存在は知っている関係なのかな?

 
恋の行方について考えられるのは、賢正(ディーンフジオカ)と和藤奏子(土屋太鳳)です。

和藤奏子(土屋太鳳)は、沙羅駆(織田裕二)の推理に尊敬の念を抱きながらも、恋には発展しません。
恋心を抱くようになるのは、賢正(ディーンフジオカ)に対してですね。

しかし、ドラマ内でその恋が成就されることはないでしょう。
一方的な和藤奏子(土屋太鳳)の片思いで終わります。

ちなみにディーンフジオカファンのみなさんの見所は、スーツ執事姿とアクションです。
設定ではかなりの格闘能力を持っているようですから、これから賢正(ディーンフジオカ)のアクションシーンは増えるでしょう。

 
いろいろ書きましたが、黒幕の犯人Mの正体は、監察医の森本(中谷美紀)です。

森本(中谷美紀)の変貌ぶり、サイコぶりを今から期待してドラマを見ることにします。

賢正役のディーンフジオカの記事もあります。
 

Sponsored Link


  • 2016 10.17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. s-img_11
  2. s-ririka_web_180
  3. s-a0373f69
  4. s-bg
  5. s-mt3a9
  6. s-b970d-800wi

TSUNEBOプロフィール



あくなき探求心を持つ好奇心の塊。オス。
アンテナを日々巡らし暮らしてます。

世界に誇れるニッポンの素晴らしい人物・技術・場所・グルメ・モノなどを中心に紹介しています。

まったく関係ありませんが、最近、抜け毛に悩んでます。あとポッコリお腹も少々・・・
お問合せはコチラ