インフルエンザを一刻も早く治す方法!感染予防と食事は?

s-kansenkango_influ_poster25

Sponsored Link


インフルエンザ流行っていますね。
実は私もお恥ずかしながら現在療養中なのです・・・

この間、いかにインフルエンザを早く治すかを調査しました。
また実体験に基づく方法もありますので参考にしてください。

 

気合とか根性論では絶対に治せない!

インフルエンザ 早く治す

「風邪かな?ヤバイ、もしかしてインフルエンザ?」
と感じたときに多いのが、風邪薬を飲んで寝るという行動です。

「寝てれば良くなる」というのは全くの誤解です。

辛い発熱・悪寒・咳・関節痛などの痛みを堪えて、ただひたすら寝ても絶対に良くなりません。
インフルエンザは気合では治らないのです。

インフルエンザかな?と思ったら早々に白旗を上げて病院に行くのが、インフルエンザを早く治す一番の道です。

ちなみにうちの父親は、昔気質の大工職人で、インフルエンザでも寝てれば治ると絶対に病院に行こうとしませんでした。
そのせいで重傷かつ長期間の療養になってしまいました・・・

我慢や根性は病気の場合、時に状況を悪くさせてしまう危険性があるのです。
病気になったら、我慢や根性はいりません(笑)

早く治したいならなおさらです。

Sponsored Link




エンフルエンザといえばタミフル!

エンフルエンザ タミフル

おそらく病院では、鼻の穴に綿棒みたいのを突っ込んで検査します。
見事インフルエンザに指定されますと、タミフルが処方されます。

このタミフルこそが、インフルエンザ患者の救いの女神です。
本当に効きます。

もらったらすぐにでも飲みましょう。

だいたい1回一錠、朝晩のはずですが、あまりにも辛い場合、1回二錠飲んじゃってもいいです。これくらいなら副作用はありません。

実は私が勘違いで(モウロウとしていたせい)毎回2錠飲んでしまっていましたが、別に何ともないです。

 
それから、タミフルを処方される時、病院の方で日数分を決めて出されますが、ダメもとで「不安なのでもっと下さい」と言ってみましょう。

もし、多めにもらえればこれからインフルエンザ感染に危険性があるあなたの家族の予防薬になります。
感染予防として家族のかたにもタミフルを飲ませましょう。

ちなみに予防のためにタミフルを処方してもらうと保険がきかず、実費扱いになってしまいますよ。

 
実はこのタミフル、インフルエンザウイルスをやっつける薬ではなく「増殖を抑える薬」だということです。
あとは自身の身体の回復力にかかってくるのです。

そのためには・・・

Sponsored Link

エンフルエンザを一刻も早く治す方法

エンフルエンザ 早く治す方法

■ 部屋にこもって加湿する
インフルエンザウイルスは湿度40%以上で減ります。
加湿器がなければストーブにヤカンおいて、スチーム機能がある家電を使う、洗濯物を干すなどで対策します。

■ 風呂・シャワー
正確に言うと、風呂場の水蒸気を吸うことです。
湯気をたくさん体内に吸い込んでください。深呼吸して。
コレは部屋を加湿するのと同じです。体内を加湿して鼻や喉、肺までも加湿します。

■ 水分補給はポカリスエット
体内の水分が減りますから補給してあげなくてはいけません。
ポカリスエットがおすすめです。
ポカリは水分補給とエネルギーも補給できます。

ちなみにアクエリアスは水分補給と疲労回復に効果的で、インフルエンザ患者にはポカリの方が良いです。

■ ヨーグルトを食べる
乳酸菌がいいんです。
とくに「R1ヨーグルト」は話題になっていましたね。

■ ゼリー状のエネルギー補給がおすすめ
食欲もあまりないはずですが、体力の回復が重要です。
ゼリー状のなら食べやすく、ビタミンなどもとれておすすめです。

 
まずはインフルエンザに感染しない事が大切ですが、なってしまったらしょうがない。いかに早く治すかですね。

かくいう私も、手洗い、うがいはしっかり派だったのですが・・・
どこでどう感染するかわかりませんね。
新年早々大変な目に会いました・・・

いろいろ書きましたが、あくまでも私の体験談による所が多いです。
絶対とは言いませんが、参考にして頂けたらうれしいです。

※人気の予防商品、
アレルシャット ウイルスをイオンでブロックというのもあります。
 

Sponsored Link


  • 2015 01.17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. s-8d3c6_s
  2. s-f5d2_s
  3. s-a90_s
  4. 目のクマくすみ
  5. s-726f7c9e3_s
  6. 02

TSUNEBOプロフィール



あくなき探求心を持つ好奇心の塊。オス。
アンテナを日々巡らし暮らしてます。

世界に誇れるニッポンの素晴らしい人物・技術・場所・グルメ・モノなどを中心に紹介しています。

まったく関係ありませんが、最近、抜け毛に悩んでます。あとポッコリお腹も少々・・・
お問合せはコチラ