青い蜂ブルービーの見れる貴重な場所や習性と動画も紹介するよ!

s-o0600039912677103509

Sponsored Link


熊本県南阿蘇村に青い蜂が飛び回っています。
ブルー・ビーと呼ばれていますが、正式名称は「ルリモンハナバチ」です。
 

青い蜂ブルー・ビーの習性

体長は約13mmですから、一般的なハチと同じくらいです。
普通のハチと違うのは、黒地に青色の毛が生えているんですね。

本州・四国・九州・朝鮮半島・中国大陸・台湾等に生息していると言われていますが、近年、生息数がかなり減少していて、滅多にお目にかかれないそうです。
絶滅危惧種に指定されています。

「見ると幸せになれる」というのもうなずけます。

下世話な話で申し訳ありませんが、昆虫マニアの間では、この青い蜂ブルー・ビーの標本が、かなりの高値で取引されているそうです。

確かにとても奇麗です。

青い蜂ブルー・ビーは、自分で巣を作りません。
雌でも卵を産むだけで、巣作りや餌集めはしないそうです。

それでは、どうするかというと、他のハチの巣に寄生するそうです。
実は頭のいいハチなのです・・・

それでは青い蜂ブルー・ビーの動画もどうぞ。

Sponsored Link

青い蜂ブルー・ビーの見れる場所

ブルー・ビーは、熊本県南阿蘇村にある「葉祥明 阿蘇高原絵本美術館」で見る事が出来ます。
丘の上に建つ、素敵なスコットランド風の建物です。
葉祥明 阿蘇高原絵本美術館
〒869-1404 熊本県蘇郡南阿蘇村 河陽池ノ原5988-20
営業時間:10:00~17:00
TEL:0967-67-2719
FAX:0967-67-2719
E-mail:aso.ehon.m@song.ocn.ne.jp

 
ここは、絵本美術館ですから、熊本出身の絵本作家、葉祥明氏の原画や詩が展示されています。

また、ポストカード・CD・絵本・詩集・額絵・版画などの素敵な商品が販売されています。もちろん、青い蜂ブルー・ビーの絵本も販売されていますよ。

また、館内にはカフェテリアもありますので、ゆっくりとくつろげます。
 
そして、青い蜂ブルー・ビーが見られるのは、この美術館の丘です。
葉祥明 阿蘇高原絵本美術館
本当に絵本の中にいるような風景で、なんとも素晴らしい場所です。

青い蜂ブルー・ビーは、毎年9月~10月の間に見られるそうです。
青い蜂ブルー・ビー
連絡して確認してから、出かけるのが間違いないですね。

Sponsored Link


  • 2014 08.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. s-7564_s
  2. s-bb6f7908
  3. s-7.85.2.9.2

TSUNEBOプロフィール



あくなき探求心を持つ好奇心の塊。オス。
アンテナを日々巡らし暮らしてます。

世界に誇れるニッポンの素晴らしい人物・技術・場所・グルメ・モノなどを中心に紹介しています。

まったく関係ありませんが、最近、抜け毛に悩んでます。あとポッコリお腹も少々・・・
お問合せはコチラ